FC2ブログ

次回の(元)心臓病仲間の集まり 共同開催者募集

この秋~冬に横浜での開催を予定している(元)心臓病仲間の集まりの開催運営に協力して頂ける方を募集します。

これまでも多くの仲間に役割を分担して手伝って頂き、開催を続けてきました。
加えて、今後はスケジュールや催し内容なども一緒に企画して頂ける「共同開催者」としても手を挙げて頂きたいと思います。

現在の開催の段取りは次の通りです。
①会場の予約、申し込み金、備品手配
②参加者募集案内(当ブログ)
③参加者名簿作成
④買い出し
⑤会場セッティング
⑥司会進行
⑦会計
⑧会場 終了確認
⑨二次会 予約、会計

部分的な役割で結構ですのでご協力頂ける方は、カムバックハートこと鍋島までメール連絡をお願いいたします。(営利を目的とした会ではないのでボランティアとなります。)

「大人になってできた一番楽しい仲間の輪です」「術前にこの会を知って経験者の話を聞くことができたお蔭で納得のいく手術を受けることができました」等の言葉を言って頂くと、この集まりは続けていかなくてはならんなぁと私も気を引き締めている次第です。

何度か引用させてもらっているマダムアリスさんから頂いた言葉。この集まりの本質的な目的を伝えてくれているような気がいつもしていますので改めてご紹介しておきます。

「心臓手術を経験することは、其々の人らしさの引き出しの数を増やしてくれる。みんなと知り合えたことも引き出しが増えたお陰。心臓病によって其々の人生に増えた引き出しを閉ざしたままに聞き役にまわるも良し!少しだけ開けてみるも良し!全開で自分の経験や活動を語るもよし!参加された方々の気持ちや心に後ろ向きでは無い・・・暖かな陽射みたいなものをあなたの引き出しの中に残すことができれば、今回の集まりは大成功です」(マダムアリス)

<=PREV NEXT=>

企画告知: (元)心臓病仲間の集まり ランチ編 in 群馬県太田市

私の知り合いの陶芸作家である先生が群馬県太田市緑町でランチを提供されています。
陶芸活動を長くされていて、私は2年前に銀座のギャラリーで急須、湯呑と片口を購入して愛用しています。
この春からうつわを作る側から使う側にもなりたいとのことで、工房でランチを始められました。(1日1組8名まで)

つきましては、(元)心臓病仲間の集まり ランチ編 in 群馬県太田市を企画したいと思います。
(最寄り駅は、東部桐生線 治良門橋駅が一番近そうです。)

心臓手術を経験された方はもとより、これから心臓手術を受けるかもしれない方にも是非参加して頂き、経験者から心臓病についての様々な情報を得て頂ければと思います。また今回は陶芸作品に興味のある方にも良いかもしれませんね。

参加ご希望の方は、当ブログにコメントをお送り下さるか、カムバックハートこと鍋島までメール連絡をお願いいたします。

日程はまだ決めておりません。希望者が何名か集まったところで日程調整したいと思います。料金はランチ代2,500円/人です。

カムバックハート

<=PREV NEXT=>

術後四十回目の外来(稲波脊椎・関節病院)

品川区の稲波脊椎・関節病院での南淵先生の外来。朝一に受付し10時過ぎには会計を終える超ハイスピード。

日曜午前に南淵先生が新たに外来を持たれている新横浜ハートセンターには未だ行っておりません。次回、3か月後の外来は引き続き稲波脊椎・関節病院で受けることにしました。もちろん南淵先生の外来です。

平日の水曜午前に病院通いというタイミングはオフィシャルに仕事の休みを取る口実になります。慣れてきた青物横丁~天王洲アイル界隈の街の雰囲気と、また、稲波脊椎・関節病院の待合ロビーで本日知り合った仲間の方々との次回の再会も約束しましたので。

<=PREV NEXT=>
プロフィール

Author: カムバックハート

カムバックハートブログバナー

カムバックハートこと、鍋島と申します。神奈川県川崎市在住の50歳男性。

2008年12月に心臓の僧帽弁形成手術を受けて、第二の人生をスタートさせることができました。

南淵先生と私

南淵先生と私(術後の初外来にて)


心臓病仲間の輪に入りたい方、ブログについてのご質問、お問い合わせのメールはお気軽にこちらへ どうぞ。
但し、私は医者やカウンセラーではないので医学的なご質問にはお答えできません。初めて連絡下さる方は簡単なプロフィールをお願い致します。

当ブログ掲載の文章と画像の無断コピー、無断転用を禁止致します。

最新コメント
カテゴリ (新しい記事順)
全ての記事を表示

過去の全記事をリスト表示

COUNTER
ご訪問ありがとうございます。
累計訪問者数:
お知らせ
ブログのSSL化(セキュリティ対策)、カテゴリの編集、過去全記事の一覧表示へのリンク追加を行いました。お気づきの点がございましたらお知らせ頂ければ幸いです。(2018.8.17)

このブログは、私が心臓弁膜症の僧帽弁閉鎖不全症という病気に診断されたところから、入院、手術、退院、その後の生活という流れで時系列に記載しています。手術を受けた時の描写は2008年12月の状況ですので、その後の医学の進歩で内容的に古くなっている部分があるかもしれません。実際の患者にしか分からない心理的な面の記述をできるだけ表現したつもりです。最初から読まれる場合は、「★はじまり ~こちらからご覧下さい~

コルコバード


南淵明宏先生の公式サイトにある「勇患列伝」 その7に出てくる「平松」とは私のことです。

yomiDr.のサイトにある世相にメス 心臓外科医・南淵明宏ブログ にこのブログのことを書いて頂きました。こちらの記事には第三回(元)心臓病仲間の集まりについて書いて頂きました。
心臓病仲間のリンク
ブログ内記事検索
QRコード
QRコード