FC2ブログ

第十六回(元)心臓病仲間の集まり 開催報告

お気づきの通り、(元)心臓病仲間の集まりの開催方針を変更しつつあります。

従来: 会場を貸切、20名程度、年二回開催、参加者名簿の事前作成
最近: 公共の飲食店、10名程度、頻度高く、参加者名簿の後日作成

昨日開催の第十六回の集まりには、
大動脈弁閉鎖不全症にて手術前1人、大動脈弁置換(生体弁)2人、僧帽弁置換(生体弁)1人、僧帽弁置換(機械弁)1人、僧帽弁形成3人、バイパス手術1人というメンバーが集合。

10月に心臓手術を予定されている術前の仲間の参加が今回の集まりの最大の収穫でした。術前の参加者であるともちゃんには、同じ大動脈弁の手術を受けた仲間の実用的な経験談を豊富に聴いて頂きました。また、心臓手術を受ける当事者としての精神面における何かしらの成長を得て頂けたことと確信します。それは、僅か数時間、お会いしてお話の場を共有しただけですが、最初にお会いした時と帰り際の本人の容姿言動を比較拝見していれば、我々術後仲間には明白なことなのです。

前回7月の集まりにも術後間もない初参加の方が2名。その一人、トシさんは今回も引き続き参加ということで、早くも通常メンバー入りです。なにげにこの手の集まりの開催ニーズが高いことに私としては再認識させられた先月と今回の集まりでした。

術前の方の参加は、1年半くらい前のBNR34さんともうお一人の方以来です。BNR34さんはこの集まりで仲間の経験談を存分に聴かれて、ご自身納得のいく選択をされ、極めて順調な心臓手術のプロセスを経られました。

プレ予告としまして、10月14日(日)@横浜周辺 で(元)心臓病仲間の集まり開催予定です。もし機会があればそれ以前にも別途開催があるかもしれません。


(一次会終了後、今回の開催場所は品川方面にある某有名なお店です。)


(二次会はこんな雰囲気で、いつもワイワイやっています)


(8月お盆前の蒸し暑い中も、夕方の潮風にあたりプチ夜景を楽しみながら帰路へ)

<=PREV NEXT=>

ランチ & 飲み会企画

すごく直近の日程で、(元)心臓病仲間のランチ & 飲み会(お酒を飲めない方も大丈夫です)を企画する予定です。
参加にご興味のある方は、カムバックハートこと鍋島までメールか管理人宛コメントにてお気軽にご連絡ください。
折り返し、ご連絡させていただきます。

初めて参加頂く方大歓迎です。心臓手術前でも手術後でも、どこの病院にかかられた方でもオーケーです。心臓病を介して知り合う仲間の輪に是非入ってきてください。聞き役、話し役、どちらでも結構。過去の様子はこちらの記事をご覧ください。

鍋島

<=PREV NEXT=>

第十五回(元)心臓病仲間の集まり 開催報告

「暑中見舞いがてらの冷たいビール飲み会をやりましょうか」と軽く声をかけたところ、目に見えない(元)心臓病仲間の連絡網を伝って伝達がなされ、11名で都内にて小宴を開催。明確な定義を設けていた訳ではないのですが、今後は規模や場所を問わず、心臓病仲間が集まれば、文字通り、「(元)心臓病仲間の集まり」としてカウントしていきたいと思います。ということで、今回は第十五回。(ちなみに今回のような小宴は過去10年弱の間に数えきれないくらい開催してきました。)

今年1月に弁置換手術されて心臓病仲間の輪に入りたいとタイミング良く連絡を頂いたトシさん、そしてわずか3週間前に僧帽弁の形成術を受けたばかりのマッチーさんの2名が初参加。これまで術後1カ月で病院の外でお会いした方はいますが、胸骨正中切開を伴う手術から3週間でこうした場に参加して頂いた方は初めてですね。極めて順調な回復状況のようで、心臓手術という大きな治療を受けたばかりには見えないくらい元気そうでした。今回はブログで参加者を募ってはいなかったのですが、タイミングなのか、縁なのか、仲間の輪の活性化につながる2名の初参加の方とお会いできたのは嬉しかったです。

開催後のアリスさんからのメールに書かれていた言葉。いつも我々の気持ちを的確に表現しますね。
 > オペ前は一人で耐えて、頑張ったけれど、ふと不安になる…。
 > オペ後に同病者との会話はプラス要素満載だと思います。
 > お二人のような参加は大歓迎ですね!
 > 私たちにとっても、忘れかけていたあの日を回想しながらの会話と新鮮な話題はいいよね!


(いつも良く行く場所とそこでの写真アングル。)

仲間の近況、薬や体調管理、仕事、医者や病院、食事など、いつも色々なテーマが話題に上ります。年齢、性別、職業、住んでいるところなどが様々な心臓病繋がりの仲間の輪。心臓病がもたらせてくれた「縁」を今さらながらに強く感じずにはいられません。


(当然ですがここに映っている全員、弁膜症の心臓手術を受けた方ばかりです。)

いつもの集まりでは、私がメールで事前ヒアリングした内容をまとめて開催当日に参加者名簿を配っています。誰がいつ頃どういう手術を受けたのか、ニックネームや連絡先、趣味など公開してもよい情報だけを仲間で共有しています。そうして、仲間の輪が二重、三重に厚くなっていきます。今回は開催後に参加者名簿を作ることにしました。それを作っていて気付いたのは、今回の参加者11名の内、大動脈弁の手術を受けた方がBNR34さん一人しかいなかったこと。あとの10人は全員僧帽弁の弁置換か弁形成。これまでの集まりでは大体半々くらいでしたので何故かすごく偏りました。

お昼の12時に開始。1次会終了の4時半まではあっと言う間。当然、2次会でも盛り上がりは続きました。更に、私はヒメノさんと二人で濃厚極旨ラーメンを食べてから帰路につきました。ヒメノさんが立ち上げられた、「ハツ手術 シメノ シロー 」(心臓手術体験マンガ)がネット上でリリースされています。心臓手術体験者にとってはとても興味深いマンガなので、別途詳細をご紹介したいと思います。

心臓病仲間の輪に入ってお話をしたい方、カムバックハートこと鍋島までメールか管理人宛コメントにてご連絡ください。術前・術後、受けた病院を問わず。今後はフットワークを軽くして、特に初参加の方を交えての今回のような10名程度の集まりを頻度多く開催できればと思っています。

<=PREV NEXT=>

(元)心臓病患者&心臓病患者のためのセルフケア講座  参加報告

先週日曜日、ご案内しましたまりさん主催による、「(元)心臓病患者&心臓病患者のためのセルフケア講座 ータッチフォーヘルスなどキネシオロジー体験勉強会ー」に参加してきました。

参加人数は4人。講師も参加者も心臓手術経験者ということで、タッチフォーヘルス講座もそれにマッチした内容にカスタマイズして頂きました。みなさん、術後の回復が早く、大きなトラブルもなく元気になられた方ばかり。なので、そもそもこのような講座に参加する意味があるのかと思いきや、ところがどっこい、脳梗塞の不安、目の手術後の状況、崖から落ちて内出血になった足のケアなど、今の時点で参加者の皆さんが抱えている体の不調や不安に対して、セルフケアで対処する方法を丁寧に実演してもらいました。

ちょっと集中して自分の体の声を聞いてあげる。そうすることで、「病氣」を「元氣」に替えることができる。決して難しいことではない。誰にでもできること。心臓病という大きな病気を経験したからこそ、健康に対するありがたみの感受性が高い(元)心臓病仲間にはなかなか為になる講座だったと思います。2次会のジビエ料理、そして3次会のスイーツ(?)&コーヒータイムも楽しかったです。

タッチフォーヘルス講座を受講する機会があれば、一度参加してみることをお勧めいたします。

<=PREV NEXT=>

特別企画! (元)心臓病患者&心臓病患者のためのセルフケア講座

下記の講座の開催は終了いたしました。(開催報告は後日アップします)
-----------------------------------------------

(元)心臓病仲間のまりさんから、嬉しい企画のご提案を頂きました。
当ブログにて参加者を募集させて頂きます。ふるって参加ください。(カムバックハートも参加予定です)

まりさんは、タッチフォーヘルスの正式な資格を有するインストラクターさんであり、心臓手術経験者でもあります。

-----------------------------------------------
(元)心臓病患者&心臓病患者のためのセルフケア講座
ータッチフォーヘルスなどキネシオロジー体験勉強会ー

開催日時:
 2018年.3月4日 (日) 
 ① 13:15-15:00 体験▪勉強会
 ② 15:15-16:30 座談会

会費: 会場費、資料とお茶代 800円/人

定員: 先着10名 (5名以上で開催) *2/27までに5人集まらない場合は日程をリスケします。

参加条件: 心臓手術経験者 

場所:  東京都豊島区
     JR駒込駅 徒歩2分 (詳細は参加申し込み後お伝えします)

講師:  タッチフォーヘルスインストラクター まり

内容:  息切れやこり、痛み、気持ちが滅入る
      そう言ったときにできるセルフケア方法をご紹介します
  
挨拶:  手術後の体調の回復が大変ー。。。
    復職出来るの?くらいの体調からの回復まで
    あれこれと健康法をためしながら過ごしてます。
    息切れして歩くのやっとの時から
    復職できた今に至るまで
    セルフケアで使いやすいのがキネシオロジーです。
    私は使って元氣になって勢いで講師資格とっちゃいました。
    今のところ何人かの術後仲間に体験していただいても
    なんだか楽チンになっていただけてるので
    良い情報は皆とシェア。
    元氣になる過程の(元)患者同士の交流が目的です。
    
    セルフケア方法を試したい
    そんな皆様の奮ってのご参加お待ちしております。

注意:  医療の治療法ではなく、民間の健康法です。
    医療ケアの補助のためのセルフケアツールです。
    西洋医学の病気がなおるわけではありません。
    体感も個人差があり、効果を保証するものではないです。
    上述の点をご理解▪ご同意の上ご参加お願いいたします。

申し込み先: 
 当ブログの管理人 カムバックハートこと鍋島までメール下記事項を記入の上、
ご連絡ください。 (メール宛先: come_back_heart-blog@yahoo.co.jp)

 ①名前、②メールアドレス、③当日の連絡先電話番号
 ④傷病名、⑤どこの病院で手術したか
-----------------------------------------------------

<=PREV NEXT=>
プロフィール

Author: カムバックハート

カムバックハートブログバナー

カムバックハートこと、鍋島と申します。神奈川県川崎市在住の50歳男性。

2008年12月に心臓の僧帽弁形成手術を受けて、第二の人生をスタートさせることができました。

南淵先生と私

南淵先生と私(術後の初外来にて)


心臓病仲間の輪に入りたい方、ブログについてのご質問、お問い合わせのメールはお気軽にこちらへ どうぞ。
但し、私は医者やカウンセラーではないので医学的なご質問にはお答えできません。初めて連絡下さる方は簡単なプロフィールをお願い致します。

当ブログ掲載の文章と画像の無断コピー、無断転用を禁止致します。

最新コメント
カテゴリ (新しい記事順)
全ての記事を表示

過去の全記事をリスト表示

COUNTER
ご訪問ありがとうございます。
累計訪問者数:
お知らせ
ブログのSSL化(セキュリティ対策)、カテゴリの編集、過去全記事の一覧表示へのリンク追加を行いました。お気づきの点がございましたらお知らせ頂ければ幸いです。(2018.8.17)

このブログは、私が心臓弁膜症の僧帽弁閉鎖不全症という病気に診断されたところから、入院、手術、退院、その後の生活という流れで時系列に記載しています。手術を受けた時の描写は2008年12月の状況ですので、その後の医学の進歩で内容的に古くなっている部分があるかもしれません。実際の患者にしか分からない心理的な面の記述をできるだけ表現したつもりです。最初から読まれる場合は、「★はじまり ~こちらからご覧下さい~

コルコバード


南淵明宏先生の公式サイトにある「勇患列伝」 その7に出てくる「平松」とは私のことです。

yomiDr.のサイトにある世相にメス 心臓外科医・南淵明宏ブログ にこのブログのことを書いて頂きました。こちらの記事には第三回(元)心臓病仲間の集まりについて書いて頂きました。
心臓病仲間のリンク
ブログ内記事検索
QRコード
QRコード