fc2ブログ

術後五十八回目の外来(新横浜ハートクリニック)

毎度の定期外来検査と診察を受けてきました@新横浜ハートクリニック。

午前9時にクリニックに到着。受付は2番目。早速、酸素飽和度、血圧、心エコー、胸部レントゲン、心電図、採血を終えて、今日の南淵先生の診察第1号患者でした。体調面では心臓には問題ありませんが、最近、胃酸の逆流現象があるようなのでその旨お伝えして、服用薬をタケプロンカプセルから、効果が良くでると言われているタケキャブに変更してもらいました。実は前回の外来で、バイアスピリンとタケプロンカプセルを一つにした新薬のキャブピリンに変更してもらっていたのですが、タケプロンカプセルの残りが沢山あったためキャブピリンはまだ飲まずにいました。薬局の方によるとキャブピリンとタケキャブは同じ配合らしいので、タケキャブ+バイアスピリンの場合と、キャブピリンの場合では、効果は同じなのかもしれません。であれば、早めキャブピリンを飲み始めていれば、胃酸の逆流ももう少し抑えられていたかもしれないと、今になって思っています。 タケなんちゃらとかごちゃごちゃして分からんという方は読み流してくださいね(笑)

一点、考察。
長年の見慣れた薬は副作用等の面で安心感があります。その一方、あるタイミングから急に飲み慣れた薬の効果が薄れることがあるのではないか、体に耐性ができて効かなくなるとか、体調自体が変化して薬が効きにくくなってくることがあるのではないか、と最近感じています。2年程前、薬でうまくコントロールできていた血圧が、急に上昇しはじめ明らかな自覚症状を感じたことがありました。その時は、南淵先生に相談して、別タイプの降圧剤ミカルディス錠を処方してもらったら一発で再び適正値に戻すことができました。今回の胃酸の逆流も、従来のバイアスピリンとタケプロンカプセルの組み合わせで問題がなかったのが、徐々にタケプロンが効かなくなっていたのかもしれません。そういう時に、沢山の種類の薬の中から、症状に見合った薬を、その成分や効果を詳しく知っている医者の指示で処方してもらうことには大きな価値があると思います。

処方薬は、クリニックと同じビルの下にある薬局に処方箋をファクスで送信してもらいます。会計が済んで薬局に到着すると、すでに薬の用意ができている状況です。ここの薬剤師さんは薬の説明や価格についてもとても丁寧に説明して下さるので安心できます。

前回の記事で書いたSさんやKさんのこと、南淵先生が3か月毎に外来をもたれている会津若松のことなどを少しお話して、今回の外来もスムーズに終えることができました。
(元)患者仲間の皆さんと会って会話できればもっと楽しいのですがね。

次回外来は、7月17日(日)です。

<=PREV

術後五十七回目の外来(新横浜ハートクリニック)

3か月毎に受診している定期外来に行ってきました。3か月毎だと、年に4回、つまり、春夏秋冬の各季節ごとに受診することになります。各回で着ていく服装、街中の風景などの変化と相まってメリハリがあり、この受診サイクルは結構気に入っています。今日は冬。次回の外来は春です。

外来の内容は、心臓に問題なし。その他、過去の外来記事と同様なので詳細は割愛します。

処方されている薬にだけ、一つ変化がありました。バイアスピリンとタケプロンカプセルの1日2錠だったのが、それらをまとめたキャブピリンという薬に代わりました。10年以上飲み慣れたバイアスピリンとタケプロンカプセルなので、もし新しい薬に何か違和感を体が感じたらもとに戻してもらおうと思っています。

コロナの影響のためか、従来は一回の処方で90日分しか出せなかった処方薬が、行政の方針変更で90日分を超えて処方できるようになったそうです。これにより、3か月毎の外来の縛りは実質的には解かれた訳ですが、心臓フルパックの検査と名医の診察を四半期ごとに受ける安心感は私にとって最高のものなので、今後もこのペースでの受診は続きます。

コロナ感染が再び拡大していますので、不要に出歩くことはせず、新横浜駅構内の売店で、シューマイ弁当と奈良の名物の柿の葉寿司を子供たちへのお土産に買ってさっさと帰宅しました。

<=PREV NEXT=>

術後五十六回目の外来(新横浜ハートクリニック)

10月17日の日曜日。3か月毎の定期外来@新横浜ハートクリニックでした。
朝9時の開始とほぼ同時に受付。心電図、胸部レントゲン、心エコー、採血を経て、南淵先生の診察。
診察室に入ったのが、9時40分ごろだったと思います。受付から会計まで、待ち時間がほとんどなくて、心エコー検査も含めてこれだけスピーディーな対応をやってくれる病院やクリニックは、ほかではちょっと見つからないのではないでしょうか。しかも、日曜日に検査も診察も受けることができるというのも勤め人にとってはありがたいことです。

心臓を診てもらいたい方へ。検査や診察の予約が何日もあとじゃないと取れない、やっと当日がやってきても受付の事務処理に時間がかかったり、検査と診察の日が別で出直し。その間、検査結果がどうであるか不安を抱えてようやく診察。そんな非効率さとは”真逆”の南淵先生の診察@新横浜ハートクリニックを是非ご検討ください。気軽に心臓病について診察してもらえます。

順番が回ってきて、診察室に入るようにと、ドアを開けて患者に呼びかけてくれるのはいつもの深津さん。これは、13年前、私が術前の状態で、初めて南淵先生の診察を大和成和病院で受けたときから変わらないスタイルです。(過去に一回だけ、南淵先生は手術を終えてすぐに診察室に移動されてきて外来を開始したけど、深津さんはまだ手術室で手術の後処理しているからということで、別の方に呼ばれたことがあったかも。)

さて、今日の深津さん。おっと、ヘアスタイル変更されていて、イメチェン!
南淵先生曰く、ドイツの政治家のアンナレーナ・ベアボックさんにそっくりとのこと。先生のスマホで写真を見せてもらうと、確かにそっくりでした。(インターネットで検索してみてください)



以前は、毎度の外来で(元)心臓病仲間と出会い、待合のソファーで語り合うことが多かったのですが、コロナの影響でフィジカルなコミュニケーションがとりずらくなりました。ここ最近の外来は独りぼっちで寂しいことが多いです。(まあ、普通は病院の外来とはそんなものでしょうけど。)先生、深津さん、仲間の写真も撮ることが少なくなっていたのですが、今日は南淵先生の方から思いがけず、「鍋島さん、写真撮らないの?」とお声がけ頂きました! 

次回の外来は、来年1月16日(日)@新横浜ハートクリニックです。
同じ日に外来の方いらっしゃれば、是非お声がけ下さいませ。

<=PREV NEXT=>

術後五十五回目の外来(新横浜ハートクリニック)

7月18日、術後55回目の定期外来検査と診察@新横浜ハートクリニックでした。

3カ月前の外来で、心臓リハビリ室の徳田さんがお辞めになられたことを知り、今日は、いつも担当して下さる男性の心エコーの技師さんがお辞めになられたのを知りと言う風に新横浜ハートクリニックのスタッフの皆さんも総変わりされてしまった感があるのですが、変わらずいつも必ずお会いできるのは南淵先生と深津さんだけだなと思った次第です。

検査も診察もいつも通りスムーズで、逆にこのブログに書くべきトピックが思いつかず困っております。

運用開始から12年以上経つ当ブログですが、最近は気の利いた記事も書けないでいる中、それでも時に、心臓手術を受ける前にこのブログの記事を読んで勇気を得たり不安を解消したりできて手術受ける際にとても参考になったとお礼を伝えて頂くことがあります。そんなときにはこの上なく嬉しい気持ちが起こるのですが、同時に何か達成感or充実感のようなものも以前より強く私自身が感じるようになりました。

心臓手術の技術は進歩していて、私が手術を受けた12年前に比べると患者の身体的な負担は少なくなっているようです。そして、心臓手術を受けるべきことを宣告され当事者としてそのことを認識したときから、実際に心臓手術を受けて、その後回復し社会復帰するまでの過程における心臓病患者の精神的、心理的な面には患者間に共通性のある思いが存在することとその内容には普遍性があることは、これまでの(元)心臓病仲間との交流からも、常に感じられるところです。そうした経験者だけが感じて共有してきた心境を、これから当事者となる第三者の方にも分かってもらえたらなと考え、心理面をかなり率直に書いた過去の記事には、それを必要とする人には今でもそれなりに価値を感じて頂けているようで嬉しく思う次第です。

<=PREV NEXT=>

術後五十四回目の外来(新横浜ハートクリニック)

3か月毎の定期外来検査と南淵先生の診察に行ってきました。これまで通り、ほぼ何も変わらず。検査結果も良好でした。変わらないことは安心できて良い事です。

今日知ったのは、新横浜ハートクリニックをメインに活動されていた心臓リハビリの徳田先生が異動されたとのこと。例の術後の患者のための心臓リハビリ室は、外来検査室に生まれ変わっていて、今日の採血と心電図検査はそこで実施されました。

昨年秋ごろから、50歳代の体の完全オーバーホールのごとく色々な検査を受けました。方法は、勤務先の検診制度を利用したり、気になっている部位の症状について地元の病院で診察を受けることによってです。受けた検査は、普段の心臓関係の検査に加えて、大腸内視鏡、胃カメラ、腹部エコー、脳のMRIです。結果、大腸はポリープ切除術をその場で受けましたが、その他は現時点では積極的に治療すべき項目はありませんでした。胆嚢ポリープは引き続き観察、前立腺は多少の肥大はあるが問題となる状態ではないとのこと、脳は脳梗塞、脳内出血の様子は全く見られず問題ないようです。

意識的に日々の行動に反映しようと思っていることは次のようなことです。
適度な運動(平日1日一万歩=実施中)、
食事に気をつける(野菜が少ない、早食い=改善要)、
酒(コロナの影響で全くといってよいほど飲まなくなった)、
精神的リラックス(元々ストレスは溜まりにくい性格。この調子でいこう)
勉強をする(脳が活性化される)
睡眠(平日6時間半、週末は+α)

さて、今度の土曜日(4/17)は、第二回オンライン版(元)心臓病仲間の集まりの開催です。
現在、14名エントリー済です。リアルでの集まりを最後に実施してから2年弱経とうとしています。
オンラインでできること、そのメリットも生かして、仲間の輪は引き続き維持拡大していきたいと思います。

<=PREV NEXT=>
プロフィール

Author: カムバックハート

カムバックハートブログバナー

カムバックハートこと、鍋島と申します。神奈川県川崎市在住の53歳男性。

2008年12月に40歳で心臓の僧帽弁形成手術を受けて、第二の人生をスタートさせることができました。

南淵先生と私

南淵先生と私(術後の初外来にて)


心臓病仲間の輪に入りたい方、ブログについてのご質問、お問い合わせのメールはお気軽にこちらへ どうぞ。
但し、私は医者やカウンセラーではないので医学的なご質問にはお答えできません。初めて連絡下さる方は簡単なプロフィールをお願い致します。

当ブログ掲載の文章と画像の無断コピー、無断転用を禁止致します。

最新コメント
カテゴリ (新しい記事順)
全ての記事を表示

過去の全記事を日付順に一覧表示

COUNTER
ご訪問ありがとうございます。
累計訪問者数:
お知らせ
このブログは、私が心臓弁膜症の僧帽弁閉鎖不全症という病気に診断されたところから、入院、手術、退院、その後の生活という流れで時系列に記載しています。手術を受けた時の描写は2008年12月の状況ですので、その後の医学の進歩で内容的に古くなっている部分があるかもしれません。実際の患者にしか分からない心理的な面の記述をできるだけ表現したつもりです。最初から読まれる場合は、「★はじまり ~こちらからご覧下さい~

(元)心臓病仲間のアンケートを企画・回答集計しました(2018年秋)。これから心臓手術を受ける方にはとても参考になるデータだと思います。アンケート集計結果はこちらの記事へ

コルコバード


南淵明宏先生の公式サイトにある「勇患列伝」 その7に出てくる「平松」とは私のことです。

yomiDr.のサイトにある世相にメス 心臓外科医・南淵明宏ブログ にこのブログのことを書いて頂きました。こちらの記事には第三回(元)心臓病仲間の集まりについて書いて頂きました。
心臓病仲間のリンク
ブログ内記事検索
QRコード
QRコード