FC2ブログ

術後四十八回目の外来(新横浜ハートクリニック)

今日の外来は、9時25分に受付、10時30分には会計終了ということで、いつもにまして迅速な流れでした。心電図検査、血液検査、胸部レントゲン撮影、心エコー検査をちゃんと行い、血液検査以外の検査結果を踏まえての南淵先生の診察を受けた上で、その時間です。

まずは、私の入院時のICU看護師で今は新横浜ハートクリニックで看護師をされている伊崎さんと情報交換。続いて、今日の心エコー検査は、待ち時間無しのトップバッター。検査自体10分程度で終了。その後の南淵先生の診察の時には、技師さん手書きの心臓超音波検査報告書が既に用意されており、その報告書を読みながら、南淵先生が心臓と弁の今の状態をいつもより詳しく解説して下さいました。心肥大なし、駆出率も東大の試験合格は無理かもしれないが東京工大くらいなら入れるかもしれないくらいの数値だとか(?)。僧帽弁の逆流はTrivial(ごく僅か)で狭窄なし、三尖弁もTrivial、大動脈弁は逆流、狭窄共に無しとの診断でした。

僧帽弁の手術を受けた人は、開胸のついでに三尖弁の形成術も行うことが多いのですが、そのことについて解説を受けました。僧帽弁を治した後、なぜか理由もなく三尖弁の逆流だけが酷くなることがあるそうです。手術の際、僧帽弁に到達するには、右房を切り開いて、心房中隔を切ってやっとその奥にある僧帽弁に到達するそうですが、僧帽弁を治して閉じていく際に、三尖弁はその通り道上にあるので、僧帽弁を治した後、将来の三尖弁の逆流に備えて予防的に形成しておくのだそうです。

私の場合、三尖弁の形成術は受けていないと自分で思い込んでいたのですが、「ちゃんとやったよ」と南淵先生に指摘されました。元々三尖弁に逆流があれば弁輪も使うが、そうではない予防対策であれば糸を何回か通して形を整えるだけだとのこと。私の場合は後者なので、術後の報告書に三尖弁形成実施の記載がなかっただけのようです。


自宅にて。今日受けた心臓の検査結果のコピーを並べながらブログを執筆中

<=PREV

術後四十七回目の外来(新横浜ハートクリニック)



定期外来検査と診察@新横浜ハートクリニックに行ってきました。血液検査はこれまで、採血後、直ぐにクリニック内の検査機器で数値化されて当日の診察までのわずかな時間でレポートが上がってきていました。今後は、クリニックで採血をして、それを外部の検査機関に提出して測定し、数値に異常が無いか医師が確認した上で後日レポートを自宅まで郵送してくれるプロセスに変更になったとのことです。どうしてもその場で検査結果をみたい、又は、診る必要があるような場合は、これまで通りクリニック内での数値化も可能だそうです。しかし、その場合は検査項目数が今までより少なくなるそうです。

私の血液検査の項目数は42項目です。(人によって検査項目の数は若干異なると思います。) 勤務先の会社の法定健康診断では20項目くらいしか検査しませんので、相当幅広く診ているのだと思います。加えて、心電図、胸部レントゲンと心エコー検査も毎回受けています。昨年指摘を受けた胆嚢ポリープが大きくなっていないかを、技師さんにお願いしてついでに観察してもらいました。結果5mm未満とのことで拡大していないようです。

血液検査の項目名の詳細は下記の通りです。
WBC, RBC, Hb, Hct, MCV, MCHC, RDW, PLT, PCT, MPV, PDW, GRA%, LYM%, MON%, GRA#, LYM#, MON#, 総蛋白、アルブミン、総ビリルビン、AST, ALT, LDH, γGTP, アルカリフォスファタ、尿酸、尿素窒素、クレアチニン、ナトリウム、カリウム、クロール、CPK, 中性脂肪、総コレステロール、HDLコレステロール、LDLコレステロール、non-HDLコレステロール、血糖、HbA1c、CRP, NT-proBNP (ワーファリンは服用していないので、INR値の測定は無しです)。
前回2月の検査では、この中でLが1項目、Hが3項目でしたが、その4つは基準値範囲を僅かに数値1だけ外れただけというような結果でしたので、問題なしとのことです。

今日の外来もスムーズでした。南淵先生から昨日昭和大学北部病院で執刀された手術のお話を聞けました。看護師の伊崎さんとも楽しくお話しました。心エコーの検査技師さんとも少しお話しました。いつもながらに、楽しい外来通いが続いているのはありがたいことだと思います。次回の外来は、8/4(日)となりました。

------<追記>------
外来から3日程して、血液検査の結果が自宅宛に郵送で届きました。採血した血液を外部の検査機関に送付して検査した結果です。検査項目数は24項目でした。総コレステロールが241(基準値上限219)、LDLコレステロールが159(基準値上限139)と2項目が基準値オーバーだった以外は正常値でした。検査結果に同封されていた書類には、「検査結果を確認しましたが、早急に受診していただくような所見はありませんでした。次回の主治医の診察に来院してください。」と新横浜ハートクリニック院長名で記されていました。コレステロール上昇の原因は恐らく間食でしょう。次回の外来に向けて間食控えます。

<=PREV NEXT=>

術後四十六回目の外来(新横浜ハートクリニック)


新横浜ハートクリニック入口

新横浜ハートクリニック受付

昨年12月11日に術後10年が経ち、今日はそれから行く初めての外来。9時50分受付。いつもと同じメニュー。血圧測定、体重測定、採血、心電図、胸部レントゲン、心エコー検査を終えて、南淵先生の診察と会計。11時過ぎにクリニックを出たので今日のクリニック滞在時間は1時間ちょっとでした。術前であればこんなに短時間で終わってしまうと、ちゃんと診てくれてるのかと逆に不安になるかもしれませんね。術後患者の定期外来であれば時間は早ければ早いほど良いと思います。

10年前に心臓手術を受けた時にICUでお世話になった看護師さんが、出産育児休暇を終えて新横浜ハートクリニックでお仕事再開されました。久しぶりの再会です。今日、採血をしてくれた看護師さんもICU勤務のご経験があるそうです。南淵先生の大和成和病院時代のスタッフの方々と今でもお会いできるのは嬉しいことです。


今日撮影した術後10年2カ月の記念写真です


10年前の術後初外来での南淵先生と深津さん


10年前の手術直後のICU看護師・伊崎さんと私

<=PREV NEXT=>

術後四十五回目の外来(新横浜ハートクリニック)

今日は、中2か月での定期外来。12月は混んでいるとかで一カ月前倒しでの予約でした。10時受付、速攻で血圧測定(128/80)と血液検査。検査で採血する血液の量は7~8ccとのこと。そのまま隣の部屋へ移動して12誘導の心電図検査。2階から3階へ移動して胸部レントゲン撮影。正面と横からの2枚撮影。なかなか忙しい~。でも、ここまで受付から10分強しか経っていません。次の検査は心エコー検査。私の前に2人の方が検査待ち。一人約20分の検査なので、今検査している方を含めて3人x20分で、自分の番になるまで1時間くらいかかるなと計算。実際その通りの時間で心エコー検査を開始。以前、大和成和病院の検査技師さんに聞いたのですが、一人の技師さんで心エコーを一日に20人くらいやりますと言ってました。20分x8時間=24人。20分くらいの実検査に加えて、夫々の検査報告書の作成もされるので、一日ひっきりなしに検査を続けて20人くらいということだと思います。

心エコーが終わると、2階に戻って、直ぐに深津さんの呼び出しで、南淵先生の診察。検査結果は良好。南淵先生の外来では必ず聴診器での調音があります。「あれ~、鍋島さんの心臓は普段もっと雑音があったのに綺麗な音になってるなぁ」とのこと。術後10年を目前として、私の心臓の状態は優秀と言えるようです。それ以外では、先週、会社の方から頂いたチョコレートをやめられない止まらない状態で食べ過ぎた影響がモロに出ていて、中性脂肪値が高くなっていました。

次回外来は、3か月後の2/3(日)。これまで、3、6、9、12月の外来だったのですが、ここでパターンが変わって2、5、8、11月になりそうです。来月術後10年となりますので、次回の外来では南淵先生、深津さんと一緒に記念撮影する予定です。

<=PREV NEXT=>

術後四十四回目の外来(新横浜ハートクリニック)

外来の受付開始直後は混んでいることが多いので、今日はあえて少し遅めに到着するように新横浜ハートクリニックに向かった。ファーストフード店で朝のコーヒーを一杯飲んでから、受付へ。予約票を提出し、血圧測定を自分で行う。測定結果の紙片を受付に差し出すと、直ぐにそのまま採血へ。次いで、心電図検査。3階に上がって、胸部レントゲン撮影。受付からここまで15分程。異常に早い。次の検査である心エコー検査は2人待ち。

その間、心臓リハビリテーション室の前のソファーに座って待つ。心臓リハビリ室は、徳田先生が室長を務めてらっしゃる。徳田先生には、私が大和成和病院で手術を受けた時に術後の院内リハビリでお世話になった。東京ハートセンターでもそうだったが、心臓リハビリ室の扉はいつも開けてあり、オープンな雰囲気。待合ソファーから中を伺うことができて、二人の術後の方がリハビリプログラムをこなされていた。徳田先生は心臓リハビリの超、超専門家で、週末も日本全国で心臓リハビリの講演を行い全国に普及活動を行われているようだ。



心エコー検査開始。いつものように淡々と検査は進む。終わり際になって技師さんから、「胆嚢にポリープがあるのをご存知ですか?」と質問された。これは初耳だったのでちょっと驚くが、画像も見せてもらい、大きさ5mmの良性と思われる胆嚢ポリープの存在を知るに至った。ここ数週間、腹部の違和感を感じてはいたのだが、こんなポリープくらいでは自覚症状はでないそうなので、それは別の原因による違和感の模様。(先日激しいアウトドア運動をして腹部の筋肉をひねった感じがあったのでそれだと思われる。)

検査を終え、ロビーに戻ると、間髪入れずに深津さんからコールがかかる。診察室には南淵先生。いつもは検査が終わってからしばらく待つのに、今日はあまりにも早く呼ばれて調子が狂う。南淵先生に「さっきのエコー検査で胆嚢ポリープを指摘されました」と伝える。胆嚢に関わる血液検査の項目をチェックしてくれるが異常はない。気にせず経過観察というところの模様。心臓の検査で、胆嚢ポリープが見つかるというおまけ付きの今日の定期外来でした。

今日は早かったです。受付10時、会計終了11時40分。新横浜ハートクリニックも開始してから1年を過ぎたのでスタッフの皆さんの手際もかなり効率的に早くなっているようです。次回外来は、中2カ月での11月11日(日)の予約となりました。

受付に置いてあった、「ナイチンゲール伝 図説看護覚え書とともに」 茨木 保 著 という本をパラパラと見たら面白そうだったので今度買って読んでみようと思う。

<=PREV NEXT=>
プロフィール

Author: カムバックハート

カムバックハートブログバナー

カムバックハートこと、鍋島と申します。神奈川県川崎市在住の50歳男性。

2008年12月に40歳で心臓の僧帽弁形成手術を受けて、第二の人生をスタートさせることができました。

南淵先生と私

南淵先生と私(術後の初外来にて)


心臓病仲間の輪に入りたい方、ブログについてのご質問、お問い合わせのメールはお気軽にこちらへ どうぞ。
但し、私は医者やカウンセラーではないので医学的なご質問にはお答えできません。初めて連絡下さる方は簡単なプロフィールをお願い致します。

当ブログ掲載の文章と画像の無断コピー、無断転用を禁止致します。

最新コメント
カテゴリ (新しい記事順)
全ての記事を表示

過去の全記事を日付順に一覧表示

COUNTER
ご訪問ありがとうございます。
累計訪問者数:
お知らせ
このブログは、私が心臓弁膜症の僧帽弁閉鎖不全症という病気に診断されたところから、入院、手術、退院、その後の生活という流れで時系列に記載しています。手術を受けた時の描写は2008年12月の状況ですので、その後の医学の進歩で内容的に古くなっている部分があるかもしれません。実際の患者にしか分からない心理的な面の記述をできるだけ表現したつもりです。最初から読まれる場合は、「★はじまり ~こちらからご覧下さい~

(元)心臓病仲間のアンケートを企画・回答集計しました(2018年秋)。これから心臓手術を受ける方にはとても参考になるデータだと思います。アンケート集計結果はこちらの記事へ

コルコバード


南淵明宏先生の公式サイトにある「勇患列伝」 その7に出てくる「平松」とは私のことです。

yomiDr.のサイトにある世相にメス 心臓外科医・南淵明宏ブログ にこのブログのことを書いて頂きました。こちらの記事には第三回(元)心臓病仲間の集まりについて書いて頂きました。
心臓病仲間のリンク
ブログ内記事検索
QRコード
QRコード