FC2ブログ

映画: アウェイク (2007年 アメリカ)

GYAOで現在無料視聴可能な映画、「アウェイク」 (2007年 アメリカ)を観ました。

(全米?で)年間2100万人が全身麻酔を受けるそうですが、そのうち、約3万人は、眠りにつくことができない術中覚醒という状態になるのだとか。。。肉体的には完全に麻痺状態だが、意識があり手術室の中の医師やスタッフの会話も聞こえるとのこと。0.14%の確率(1000人に14人)ですが、果たして本当なのでしょうか。それともフィクションなのでしょうか。

映画の内容については、心臓移植手術においてそういう術中覚醒がどのようなものなのかということと、人の信頼を完全に裏切る全く持って許せない医療行為のサンプルという二つの側面を観ることができました。まあ、術中覚醒を含めて作り物というストーリー仕立てではありますが、この事件の原因は医療訴訟に苦しむ医療者側の苦悩であるようなので、訴訟王国アメリカではありえなくもない話かなと思ってしまいます。胸骨の正中切開で、例のノコギリが出てきます。それで胸骨を切った後、開胸器をはめて胸を開くのですが、開きすぎたのか肋骨がポキッと折れてしまいます。「こりゃ、明日痛むぞ~」と呑気な医者の会話がでてくるのですが、胸骨正中切開経験者にとっては笑える場面ではありませんね。実際にはガバッと胸骨を開け開いても弾力性があるみたいなので、映画のようにポキッということはありえないと思いますが。。。

実際の手術では、点滴管から麻酔薬を投与されることでほんの数秒で意識はなくなるのが全身麻酔だと思います。ちなみに口にかけられたマスクから麻酔薬が流れてくる訳ではありません。あれは酸素。わたしは、過去に心臓手術と鼠径ヘルニア手術の時の2回全身麻酔を経験しています。大腸ポリープ切除術を受けた時も、ほんの数十秒間だけ意識が飛ぶ軽い麻酔か鎮痛剤をかけられました。いずれの時も、麻酔下での覚醒という経験はありません。手術室の中で、魂が肉体から離れて、上空から自分の肉体が手術を受けている様子を俯瞰して眺めるという話を聞いたことはあります。人間の肉体と魂を意識的に分離させることも訓練すれば可能らしいので、ありえない話ではなさそうです。ひょっとして、そういう経験された方って、このブログの読者でいらっしゃいますでしょうか?(松本良順さんが確かそんな経験があると言っていたような・・・)。 

わたしが高校生の時に、バイクに乗っていた自分が右折してきた車と交差点で衝突するという交通事故に出会いました。その時、わたしのバイクにぶつかってきた車の運転手と助手席に座っていた二人を「上空」から見つめた記憶があります。あれは、車に衝突する寸前のわたしの肉体から魂が一時退避するべく上方向に飛びあがった幽体離脱だったのではないかと思っています。幸い、その事故では大きな怪我はせずに済みました。ですが、その事故の後、家に帰る途中でなんとその日2度目のバイクの交通事故に遭遇してしまったのです。今度は頭を打ち意識喪失して入院することになってしまったのでした。運ばれた病院の看護師さんに同じ日に2度交通事故に会った珍しい患者さんと言われました。結果、特に治療を必要とせずに後遺症も無く1週間の入院で無事退院できたのは幸いでした。運転に対する意識が甘かった若い時の苦い思い出です。

<=PREV NEXT=>

術後四十三回目の外来(新横浜ハートクリニック)

台風が近づく中、新横浜ハートクリニックでの定期外来。今日は外来患者さんは少な目な感じ。10時頃到着。血液検査まで30分程待ち、その後は胸部レントゲン撮影、心電図、心エコー検査と淡々と続く。採血をしてくれた看護師さんも、心電図をとってくれた看護師さんも前回の外来の時と同じ方。心エコーの技師さんは前回とは違う方だった。途中、ロビーで、このブログの隠れ読者と仰る方から声をかけられて、少しお話。2009年3月に大和成和病院で南淵先生の手術を受けられて、半年毎の外来とのこと。

診察室に呼ばれて南淵先生と深津さんと再会。この10年近く、計40回を超える外来は今日も何も変わらず予定通り。レントゲン撮影のコピーをもらったが、心臓は肥大しておらず、小さくスリムな様子。血液検査結果は、概ね良好。そんな中、家に戻ってから気付いたのですが、CPKという検査項目の値が基準値上限200に対して347と高い数値。なんだこりゃと思ってインターネットで調べたら思い当たる原因が判明。実は2日前に行った海釣りで崖登りをして強度の筋肉痛状態での今日の外来検査。筋肉に炎症があるとCPKは高値になるようです。まあ、病気ではないということのようで一安心。

今日も同じ処方。術後ずっと変わらず同じ薬達。新横浜にある処方薬局は今回も空いていて5分程の待ち時間で処方薬を用意してくれた。良く考えたら、日曜日にやっている病院やクリニックは少ないので、日曜日の薬局って空いているものなのですね。

ということで、次回の外来は9月9日(日)@新横浜ハートクリニックです。

<=PREV NEXT=>
プロフィール

Author: カムバックハート

カムバックハートブログバナー

カムバックハートこと、鍋島と申します。神奈川県川崎市在住の51歳男性。

2008年12月に40歳で心臓の僧帽弁形成手術を受けて、第二の人生をスタートさせることができました。

南淵先生と私

南淵先生と私(術後の初外来にて)


心臓病仲間の輪に入りたい方、ブログについてのご質問、お問い合わせのメールはお気軽にこちらへ どうぞ。
但し、私は医者やカウンセラーではないので医学的なご質問にはお答えできません。初めて連絡下さる方は簡単なプロフィールをお願い致します。

当ブログ掲載の文章と画像の無断コピー、無断転用を禁止致します。

最新コメント
カテゴリ (新しい記事順)
全ての記事を表示

過去の全記事を日付順に一覧表示

COUNTER
ご訪問ありがとうございます。
累計訪問者数:
お知らせ
このブログは、私が心臓弁膜症の僧帽弁閉鎖不全症という病気に診断されたところから、入院、手術、退院、その後の生活という流れで時系列に記載しています。手術を受けた時の描写は2008年12月の状況ですので、その後の医学の進歩で内容的に古くなっている部分があるかもしれません。実際の患者にしか分からない心理的な面の記述をできるだけ表現したつもりです。最初から読まれる場合は、「★はじまり ~こちらからご覧下さい~

(元)心臓病仲間のアンケートを企画・回答集計しました(2018年秋)。これから心臓手術を受ける方にはとても参考になるデータだと思います。アンケート集計結果はこちらの記事へ

コルコバード


南淵明宏先生の公式サイトにある「勇患列伝」 その7に出てくる「平松」とは私のことです。

yomiDr.のサイトにある世相にメス 心臓外科医・南淵明宏ブログ にこのブログのことを書いて頂きました。こちらの記事には第三回(元)心臓病仲間の集まりについて書いて頂きました。
心臓病仲間のリンク
ブログ内記事検索
QRコード
QRコード