FC2ブログ

術後五十回目の外来(新横浜ハートクリニック)

集まりで以前出会った術前の仲間から、「いよいよ来月、大動脈弁置換の手術を受けることに決めました」という、そんな決意表明のようなメールを先日頂きました。運良く、今日の外来@新横浜ハートクリニックで、そのたつおさんと手術直前にお話する機会がもてました。彼の手術はヒメノさんの漫画風に言うと、直球ど真ん中3球勝負のパターンのようです。没頭されているサッカーの練習や試合に、術後果たして何か月で復帰されるのか楽しみにしたいと思います。

今日の新横浜ハートクリニックのスタッフの皆さんの対応は素晴らしかったです。まるで、自分がリッツカールトンホテルのスイートに宿泊するお客としてのもてなし(?)を受けているかのように感じました(リッツカールトンに泊まったことはないけど)。受付で診察券を提出するや否や、「鍋島さん、はいこちらで心電図とります」と案内され、それが終わるや否や、「次は、こちらで採血です」とスピーディーに採血完了。「では、次はエコー検査です」ということで、検査が終わるまでソファーに座る間もありませんでした。ようやく一息つけるかと思いきや、直ぐに、南淵先生の診察室に呼ばれて、先生と深津さんへの3か月に一回の近況報告も完了。受付から会計まで、すべてあらかじめ待ち構えられていたかのように無駄のない迅速な対応でした。

ということで、たつおさんと一緒にクリニックを出たのは10時にもなっていないような時間だったと思います。

唯一今日気になったのは、血圧が普段より異常に高かったこと。今朝は寒くて、雨が降っていたのですが、幾度か測りなおしても、高血圧領域の数値は変わらずでした。私の前後に同じ機械で測定されていた方も、数値が高かったような気がします。機械の故障では?と思いましたが、看護師さん曰く、ちゃんとメンテナンスしてもらって調整済とのこと。家に戻ってきて、自分の血圧計で測ってみましたが、やはり血圧値が高い。壁にかけている気圧計を見ると、1,050hPa。これって、かなりの高気圧状態だと思うのですが、もしかして気圧が高いことが血圧計の測定値に影響したのですかね?詳しい方いらっしゃったら教えてください。
---------------------
追記1:自宅で夜、お風呂からあがってストレッチ体操してから血圧を測ったら、正常値でした。さて、気圧はどうだと思って気圧計を見ると、昼間と変わらず1050hPaオーバー。どうやら、気圧と血圧計の数値との関係はなかったのかもしれません。服薬している薬の効き方、食事や運動、精神的な興奮やストレスなど、諸要因の結果が単に反映されて一時的に血圧が高く出ていたのでしょう。変化があることを認識して観察しておくことは今後のために大事かもしれません。
---------------------
追記2:その後判明したのですが、我が家の気圧計は壊れていました!常に1040hPs以上を示していて動きません。お騒がせしました。血圧計もなんだか最近の測定値が正しくないような気がしてきました。測定機器は、元々の性能が低かったり、メンテナンス調整がされないと長期間の使用における数値の信頼性は怪しくなるかもしれませんね。

<=PREV NEXT=>

プロフィール

Author: カムバックハート

カムバックハートブログバナー

カムバックハートこと、鍋島と申します。神奈川県川崎市在住の51歳男性。

2008年12月に40歳で心臓の僧帽弁形成手術を受けて、第二の人生をスタートさせることができました。

南淵先生と私

南淵先生と私(術後の初外来にて)


心臓病仲間の輪に入りたい方、ブログについてのご質問、お問い合わせのメールはお気軽にこちらへ どうぞ。
但し、私は医者やカウンセラーではないので医学的なご質問にはお答えできません。初めて連絡下さる方は簡単なプロフィールをお願い致します。

当ブログ掲載の文章と画像の無断コピー、無断転用を禁止致します。

最新コメント
カテゴリ (新しい記事順)
全ての記事を表示

過去の全記事を日付順に一覧表示

COUNTER
ご訪問ありがとうございます。
累計訪問者数:
お知らせ
このブログは、私が心臓弁膜症の僧帽弁閉鎖不全症という病気に診断されたところから、入院、手術、退院、その後の生活という流れで時系列に記載しています。手術を受けた時の描写は2008年12月の状況ですので、その後の医学の進歩で内容的に古くなっている部分があるかもしれません。実際の患者にしか分からない心理的な面の記述をできるだけ表現したつもりです。最初から読まれる場合は、「★はじまり ~こちらからご覧下さい~

(元)心臓病仲間のアンケートを企画・回答集計しました(2018年秋)。これから心臓手術を受ける方にはとても参考になるデータだと思います。アンケート集計結果はこちらの記事へ

コルコバード


南淵明宏先生の公式サイトにある「勇患列伝」 その7に出てくる「平松」とは私のことです。

yomiDr.のサイトにある世相にメス 心臓外科医・南淵明宏ブログ にこのブログのことを書いて頂きました。こちらの記事には第三回(元)心臓病仲間の集まりについて書いて頂きました。
心臓病仲間のリンク
ブログ内記事検索
QRコード
QRコード