FC2ブログ

⇒comment

Secret

録画予約しました

テレビ東京系列ではありませんが、番組を買って放送している局があります。曜日も時間帯も同じなので(CMは違うかもしれない)同じ内容でしょう。

楽しみです。

仙台でプチお姉さま会を開催しました!

今月初旬、仙台市内にてプチお姉さま会を開催しました。

その方と私だけのお姉さま会です。
カムバックハートさんの紹介で以前よりメールのやりとりをしていた東北在住のお姉さまと、私が仙台に旅行に行くことに合わせてお会いしました。

とても明るくしゃきしゃきしたお姉さま!
とても初めてお会いしたとは思えなく、心臓手術の話題で話しは弾み、本当にあっという間に二時間が過ぎてしまいました。
心臓手術をした方でも、悩みは人それぞれ。
でも、やっぱりわかりあえる部分は大きいと信じています。
仙台市内まで片道二時間かけて来ていただいて、とても嬉しかったです。

いいですね、この出会いって。

東北のお姉さま、ありがとうございました!

No title

奇跡の仙台プチお姉さま会

三つ葉葵さん、そして、このような出会いの道をつくってくださったカムバック ハートさんに本当に感謝しています。

三つ葉葵さんにはご旅行中の貴重な時間をいただき、申し訳なく思いつつも一方的に機関銃のように話してしまったと少し後悔しています。

やはり感じていたことが同じだったりして嬉しく思いました。
三年後には私も三つ葉葵さんのようになれるんだ、なりたいなという希望をもてました。

帰りの車中で「あ~、私って孤独だったんだ。こんなふうに心臓手術を経験した方と思いっきり話したかったんだ!」と思いました。

家族はもちろん、たくさんの人に助けられての今があります。
だからこそ、弱音を吐けないこともあります。

私も少しずつでも心臓手術経験者として誰かの希望になれたらと思います。

三つ葉葵さんとお会いしてカムバック ハートさんの会や関東方面でのお姉さま会にも参加したいと強く思いました。

本当に素敵な出会いに感謝しています。

遅ればせながら・・・

お盆に奈良に帰省することになり、地元の奈良テレビで「主治医が見つかる診療所」は毎週放映されていることを知っていたので安心していたのですが、当日の新聞の番組欄を見ると、どうも別の内容っぽい・・・(別の週の内容が放映されるようです)。ということで、遅ればせながら、録画で今日見ました。三つ葉葵さん、顔色良くて健康体そのものでしたね。番組の内容は、(元)心臓病仲間の皆さんにとっては今更というレベルのものかもしれませんが。TV撮影後記は後日アップしましょう。

仙台のプチ集まり。話は聞いていました。二人でも大変盛り上がったようで良かったです。全国どこでもプチ集まりできそうですね。
プロフィール

Author: カムバックハート

カムバックハートブログバナー

カムバックハートこと、鍋島と申します。神奈川県川崎市在住の51歳男性。

2008年12月に40歳で心臓の僧帽弁形成手術を受けて、第二の人生をスタートさせることができました。

南淵先生と私

南淵先生と私(術後の初外来にて)


心臓病仲間の輪に入りたい方、ブログについてのご質問、お問い合わせのメールはお気軽にこちらへ どうぞ。
但し、私は医者やカウンセラーではないので医学的なご質問にはお答えできません。初めて連絡下さる方は簡単なプロフィールをお願い致します。

当ブログ掲載の文章と画像の無断コピー、無断転用を禁止致します。

最新コメント
カテゴリ (新しい記事順)
全ての記事を表示

過去の全記事を日付順に一覧表示

COUNTER
ご訪問ありがとうございます。
累計訪問者数:
お知らせ
このブログは、私が心臓弁膜症の僧帽弁閉鎖不全症という病気に診断されたところから、入院、手術、退院、その後の生活という流れで時系列に記載しています。手術を受けた時の描写は2008年12月の状況ですので、その後の医学の進歩で内容的に古くなっている部分があるかもしれません。実際の患者にしか分からない心理的な面の記述をできるだけ表現したつもりです。最初から読まれる場合は、「★はじまり ~こちらからご覧下さい~

(元)心臓病仲間のアンケートを企画・回答集計しました(2018年秋)。これから心臓手術を受ける方にはとても参考になるデータだと思います。アンケート集計結果はこちらの記事へ

コルコバード


南淵明宏先生の公式サイトにある「勇患列伝」 その7に出てくる「平松」とは私のことです。

yomiDr.のサイトにある世相にメス 心臓外科医・南淵明宏ブログ にこのブログのことを書いて頂きました。こちらの記事には第三回(元)心臓病仲間の集まりについて書いて頂きました。
心臓病仲間のリンク
ブログ内記事検索
QRコード
QRコード