FC2ブログ

(元)心臓病仲間の新年会

先週は関東に大雪が降ったり、異常に気温が下がったりしましたが、絶対いますね、最近の(元)心臓病イベントの参加者の中の誰かに・・・「晴れ男or女」が。いつも天候には恵まれる集まりです。

横浜の某飲食店で13時に開始。17時まで尽きることのないおしゃべりで、刹那的時間経過の速さ。
10名の参加者。昨年から連絡を取り合っていた小笠原諸島在住の仲間に初めてお会いできて嬉しかったです。


(マダムアリスさんは先に帰られたので集合写真に映っていません。)

2次会も当然やりました。お酒を沢山飲む人が多いです。初めてこの集まりに参加された方は大体驚かれます。みんなの飲みっぷりに。心臓を患ったことと、アルコールの摂取について因果関係はなさそうです。飲む人は飲むし、元々飲まない方は飲まないし。

次の企画のご提案待ちです。

<=PREV NEXT=>
関連記事

⇒comment

Secret

やっぱりいいね!tension上がる仲間だね♡

まずはカムバックハートさん、有難う♡
私には大事な大事な居場所です。昨年末から心身ともに凹む事が多々あったので、久々の参加は得るものが多く…生きる為の充電が『満』になりました(^^)v
お酒の量は~、其々の体調とペースで自己管理しながらの飲みっぷり+安堵感=大量飲酒(笑)
みんな笑顔が素敵でした♡♪♡
私の場合の術後、色々と面倒な事もあり、我慢や出来なくなった事もありますが、持病有りでこれからの人生の坂道の登り、下りを安全に楽しんで、長く長く歩き続けたいと思えます。
生かされて頂いていると感じるからですね。

《生きてるだけで丸儲け~》人と比べず、欲は少々あってもいいかな?(笑)無理はしない。
先天性の心疾患からの誕生から57年目の明日を迎えられる事に感謝をして、今後も家族を愛し、自分を飾らず、ありのままの生きざまで!
歳を重ねたいと思います(*^^*)

集まり

アリスさん、コメントありがとうございます。
返事が遅くなりました。

心臓治してなければ今頃死んでいたかもしれないと思えば、今生きていることに
感謝の気持ちが沸いてきてもおかしくありません。とは言っても、手術を受けてから
年数が経つと生きていることが当たり前という思考に逆戻りしてしまい、命のありがたみを
忘れがちになってしまいます。

仲間との集まりは、生きている喜びをお互いに感じあえる、そんな場でもあるような
気がします。だから、テンション上がるんでしょうね。
プロフィール

Author: カムバックハート

カムバックハートブログバナー

カムバックハートこと、鍋島と申します。神奈川県川崎市在住の50歳男性。

2008年12月に心臓の僧帽弁形成手術を受けて、第二の人生をスタートさせることができました。

南淵先生と私

南淵先生と私(術後の初外来にて)


心臓病仲間の輪に入りたい方、ブログについてのご質問、お問い合わせのメールはお気軽にこちらへ どうぞ。
但し、私は医者やカウンセラーではないので医学的なご質問にはお答えできません。初めて連絡下さる方は簡単なプロフィールをお願い致します。

当ブログ掲載の文章と画像の無断コピー、無断転用を禁止致します。

最新コメント
カテゴリ (新しい記事順)
全ての記事を表示

過去の全記事をリスト表示

COUNTER
ご訪問ありがとうございます。
累計訪問者数:
お知らせ
ブログのSSL化(セキュリティ対策)、カテゴリの編集、過去全記事の一覧表示へのリンク追加を行いました。お気づきの点がございましたらお知らせ頂ければ幸いです。(2018.8.17)

このブログは、私が心臓弁膜症の僧帽弁閉鎖不全症という病気に診断されたところから、入院、手術、退院、その後の生活という流れで時系列に記載しています。手術を受けた時の描写は2008年12月の状況ですので、その後の医学の進歩で内容的に古くなっている部分があるかもしれません。実際の患者にしか分からない心理的な面の記述をできるだけ表現したつもりです。最初から読まれる場合は、「★はじまり ~こちらからご覧下さい~

コルコバード


南淵明宏先生の公式サイトにある「勇患列伝」 その7に出てくる「平松」とは私のことです。

yomiDr.のサイトにある世相にメス 心臓外科医・南淵明宏ブログ にこのブログのことを書いて頂きました。こちらの記事には第三回(元)心臓病仲間の集まりについて書いて頂きました。
心臓病仲間のリンク
ブログ内記事検索
QRコード
QRコード