FC2ブログ

近況を徒然に

このブログですが、記事の更新間隔が1カ月以上経つと広告が出てきて読みづらくなりますね。
ということで、徒然に近況でも記してみたいと思います。

術後9年半になりますが、体調は変わらずとても元気にしております。毎日の服薬は続いていますが、自覚できる副作用や弊害のようなものは一切ありません。本来、薬なんて飲まないで生きていくのが人類の体には良いのでしょうけど、リスクをかけて毎日薬を飲むことで、抑えることができているリスクの方が現時点では大きいと思っています。

先日の記事に書きましたが、昨年より海釣りにはまっています。ウキフカセ釣りと言われる磯釣りは、お魚さんを寄せ集めるための相当な重量のエサを背負子で背負って足場の悪い溶岩質の磯の岩の上をスパイクシューズを履き、ライフジャケットを装備してとことこと歩いてポイントまで移動しています。これがなかなかに体力が必要で、始めた当初は心臓もバクバク状態でした。でも、最近は少し慣れてきました。早朝から夕方まで、磯で海を眺めて身を清めることで最高の充実感を得ることができます。(実際にはのんびり磯の景色を楽しむ余裕はないくらい、釣れても釣れなくても釣り作業は忙しいのですが・・・)。加えて、釣果があった日は脳内でエンドルフィンが大放出し、全ての疲れが飛び去って行きます。

ついでに趣味の話をもう少し書くと・・・勤務先で一日2杯のペーパードリップのコーヒーを飲むのが日課となっています。自宅ではネルドリップです。以前、同じ珈琲豆をペーパードリップとネルドリップで飲み比べたら、その味の差の大きさに驚いたことがあります。ペーパーでは豆の持っている味を全く引き出せていないなと。流石に会社の給湯室でネルドリップをやるのは難があるので、会社ではペーパーで我慢しています。生豆をキロ単位で購入し、1回500gを銘柄を代えながら隔週で自家焙煎しています。機材はサンプルロースターと言われる手動のドラム式のやつでガスコンロの上において手回しします。銀座にあるカフェ・ド・ランブルで焙煎については色々教えてもらいました。パンも好きで、イースト菌は使わない小麦粉の自然発酵種によるパンを焼いています。国産小麦の自然発酵種をぬかみそのように数年絶やさず冷蔵庫で繋ぎ続けています。林弘子さんが書かれている本でパン作りに目覚めました。また、パンはオーブンで焼くものという思い込みを、梶晶子さんのパン作りの本で払拭し、わたくしの書斎にあるカセットコンロと無水鍋で、立派な1kgクラスのカンパーニュが見事に焼けることが分かりパン作りを楽しんでいます。一昨年から昨年は折りたたみ自転車での輪行を行ったり、能面打ち教室への参加も行いましたが、これらに割く時間を今は釣りに投資している状況です。テレビはほとんど見ませんが読書は好きで、三島由紀夫の「豊穣の海」をたまたま読んだのが約2年前。彼の作品に引き込まれてしまい、他の作品も読みたいということで、三島由紀夫全集全42巻を図書館で借りながら読書中です。長編、短編、戯曲は読み終えて、ようやく第27巻の評論まで来ました。

話は変わって、心臓手術相談ラボですが、南淵先生に替わって藤崎先生が動画でご登場されていますね。昨日気付きました。
東京新聞に月に一回、南淵先生のコラム記事が掲載されていましたが、これも別の先生に変更になってしまったようです。
先日の考心会には参加できませんでした。後日、講演内容の冊子が送られてくるのでそれが届くのを楽しみにしたいと思います。考心会会長の山本さんの経歴やお仕事のことが先日の東京新聞にお写真入りで載っていて興味深く読ませてもらいました。
来月10日に新横浜で外来なので、先生と深津さんの近況を聞いてこようと思います。もし6月10日に新横浜ハートクリニックで外来の方がいらっしゃればロビーにてでもお声かけ頂ければと思います。

このブログは、元々私の手術体験を、これから手術を受ける方に参考にしてもらえたらと思って書き始めたのですが、その当初からの目的が達成されていることを記されたコメントを今週立て続けに2通頂き、少し感激状態に浸って今この文章を書いているわたくしでございます。毎度の(元)心臓病仲間の集まりですが、「次回の開催はどうなってるんだ?」という問い合わせを受けることもなく開催実行のプレッシャーを感じておらず、今のところ未定というのが実情です。今年はわたくしの術後10年の節目になりますので、集まりもやりたいなという気持ちは持っております。(元)心臓病仲間のポートレート展も未だ実現できず。あきらめた訳ではないですよ。某所に応募してみるかと思案している今日この頃です。

(元)心臓病仲間の皆さんの近況も、当ブログのコメントにお寄せ頂ければ幸いです。

カムバックハートこと鍋島

<=PREV NEXT=>
関連記事

⇒comment

Secret

No title

カムバックハートさんお久しぶりです。keloです。術後10周年おめでとうございます!
僕の場合は2010年1月20日に葉山ハートセンターにおいて当時外科部長でもあった磯村先生に僧房弁閉鎖不全症の手術を受けました。なので8年目になりますね。服薬はないのですが半年ごとの定期健診は欠かさずやってます。紆余曲折あり?現在は大崎ハートセンターに勤務されてる磯村先生に診察して頂いており、お陰様で今のところ問題なさそうです。(カムバックハートさん10年元気だし自分の10年目も大丈夫だろうと勝手に思ってます)

カムバックハートさんのHPを知ったのは実は手術後の入院中であり、手術体験日誌が詳しくブログになっているのを見て「こうして自分も治っていくのかな」と入院中のベッドでまだまだ傷が痛む中で確信できたのは非常に有難かったです。

その後「(元)心臓病仲間の集まり」に参加させて頂き、カムバックハートさんはじめ参加者全員と初対面だったにも関わらず何でも話せたのは不思議でした。また術前の方が毎回何人か参加されて、手術経験者の元気さを目の当たりにして手術に向かい少しでも勇気を得て帰られるという流れは(カムバックハートさんがどこまで意図されたのかわかりませんが)なかなか素敵な流れかと思います!

「(元)心臓病仲間の集まり」はタイミングさえ合えば是非参加させて頂きます。※こちらのブログ10年続いているのは凄いですね。術前の方々の貴重な情報源以上の存在になってると思います。今後もご負担にならない程度でぜひ続けてください!(長文失礼しました)

コメントありがとうございます。

keloさん、こんにちは。
近況コメントありがとうございます。

keloさんと知り合ってからも数年になりますね。都度都度集まりでお会いできて
お互い元気な姿を確認するのが楽しみです。

これから手術を受ける方が参考になったと定期的にコメント頂いているので、
このブログもまあ少しは役に立つところでは役に立ってるのかなと実感することが
多い最近です。

また次の機会にお会いしましょう。

カムバックハートこと鍋島

No title

カムバックハートさん

まあさんです。ご無沙汰しております。
もう横浜ではバラの時期は終わったことでしょうが、
東北地方のバラ園はこれからが見ごろという季節となりました。

私も昨年7月20日の手術からまもなく一年となります。
お陰様で体調は順調に回復し、冬にはスキーに行けましたし、
先月のニューハートワタナベ国際病院の執刀医の診察では
旅行でもトレッキングでもこれまでどおりに
活動して問題ないと言っていただけました。

昨年の今頃はちょうど心臓手術の可能性がにわかに高まり
不安と緊張で頭がいっぱいだったことがうそのようです。
そして二年続けて私の病気でキャンセルしていたスペイン旅行は7月12日出発の
ツアーで実現できそうです。
というわけで術後一年の記念日は帰国の機内で迎えることになりそうです。

梅雨入り前の晴れ間を大事にして充実した時間を過ごしていきたいものですね。


コメントありがとうございます。

まあさん、こんにちは。

来月で術後1年とのこと。旅行もトレッキングも自由に活動してもよいとの
診察結果。なによりです。スペインへの海外旅行、楽しみですね。

心臓手術を受けた後のほうが、かえって活動的になれる場合も多いようです。
活動制限の宣告と同様の状況から自由になんでもやれる状況に好転する(実際には
普通の状態に戻るだけなのですが)と、なんでもできることのありがたみが強く感じ
られるのかもしれませんね。

また次の機会にお会いしましょう。

カムバックハートこと鍋島
プロフィール

Author: カムバックハート

カムバックハートブログバナー

カムバックハートこと、鍋島と申します。神奈川県川崎市在住の50歳男性。

2008年12月に40歳で心臓の僧帽弁形成手術を受けて、第二の人生をスタートさせることができました。

南淵先生と私

南淵先生と私(術後の初外来にて)


心臓病仲間の輪に入りたい方、ブログについてのご質問、お問い合わせのメールはお気軽にこちらへ どうぞ。
但し、私は医者やカウンセラーではないので医学的なご質問にはお答えできません。初めて連絡下さる方は簡単なプロフィールをお願い致します。

当ブログ掲載の文章と画像の無断コピー、無断転用を禁止致します。

最新コメント
カテゴリ (新しい記事順)
全ての記事を表示

過去の全記事をリスト表示

COUNTER
ご訪問ありがとうございます。
累計訪問者数:
お知らせ
ブログのSSL化(セキュリティ対策)、カテゴリの編集、過去全記事の一覧表示へのリンク追加を行いました。お気づきの点がございましたらお知らせ頂ければ幸いです。(2018.8.17)

このブログは、私が心臓弁膜症の僧帽弁閉鎖不全症という病気に診断されたところから、入院、手術、退院、その後の生活という流れで時系列に記載しています。手術を受けた時の描写は2008年12月の状況ですので、その後の医学の進歩で内容的に古くなっている部分があるかもしれません。実際の患者にしか分からない心理的な面の記述をできるだけ表現したつもりです。最初から読まれる場合は、「★はじまり ~こちらからご覧下さい~

コルコバード


南淵明宏先生の公式サイトにある「勇患列伝」 その7に出てくる「平松」とは私のことです。

yomiDr.のサイトにある世相にメス 心臓外科医・南淵明宏ブログ にこのブログのことを書いて頂きました。こちらの記事には第三回(元)心臓病仲間の集まりについて書いて頂きました。
心臓病仲間のリンク
ブログ内記事検索
QRコード
QRコード