FC2ブログ

ハツ手術 シメノ シロー 心臓手術 体験マンガ

「ハツ手術 シメノ シロー 心臓手術 体験マンガ」を紹介します。

作者のヒメノさんは我々の(元)心臓病仲間の一人です。僧帽弁の形成術を受けられたのが30代の約6年前。これは、心臓手術経験者であり、プロの漫画家であるヒメノさんにしか表現できない一芸術作品です。

ヒメノさんの執刀医である南淵先生や深津さんが医療的な内容のチェックをされており、医学的にも信頼できるものです。また、我々、心臓手術仲間による提案も反映されており、ノンフィクション性はかなり高く、現実に即したストーリー展開であることは間違いありません。

登場人物であるシメノさんが、10年ぶりの健康診断で心臓病を宣告されるところから物語がはじまります。たまたまの健康診断で心雑音を指摘されて弁膜症に罹患していることを悟ることは、実際に世の中で最も多い弁膜症の宣告パターンだと思われます。そうした時に患者の誰もが抱く心境が精確に描かれています。家族、恋人、友人といった周りの人達への病気の伝え方も誰もが考える肝要たるところのことでしょう。ユーモアも交えてあり読みやすく、一気に内容に魅了されていきます。

ヒメノさんは(元)心臓病仲間の集まりでも度々顔を見せてくれる常連なので、今後のストーリー展開では知り合った仲間との交流についても描かれていくことでしょう。シメノさんことヒメノさんの心臓手術体験談の次には、「○○さんのケース」といったように(元)心臓病仲間の特色あるエピソードを描くこともできるのではと思います。何しろ、心臓手術はドラマ性が高いので、みんな何かしらネタになる実体験を持っているものです。

繰り返しになりますが、このマンガには弁膜症手術に関わる患者の繊細な心理的状況や思いが見事に描写されています。それを描けるのは、作者であるヒメノさんご自身が心臓手術を経験しているが故に可能なのだと思います。今や、心臓手術の体験談を綴ったブログは検索すればインターネット上に山のように現れますが、マンガという切り口で表現をされた方は初めてではないでしょうか。

メールアドレスを登録しておけば、次回以降の更新があった時に通知を受けることもできるようです。
これから弁膜症手術を受ける必要がある方、既に心臓手術を体験された方、是非ご一読されることをお勧めいたします。

「ハツ手術 シメノ シロー 心臓手術 体験マンガ」
http://simenomanga2017.com/





<=PREV NEXT=>

⇒comment

Secret

是非続けてもらいたいですね!

どうもkeloです。

シメノさんと会でお会いした時、見せて頂きましたが~漫画でののアプローチいいですね!
絵がメインなんでとっつきやすくわかりやすいと思います!(この病気だとわかった後の「何で俺が?」感というか「きょとん」感がとても伝わってきます)

巷でも「うつ抜け」とか色々と病気のことを漫画で紹介したり心理学を漫画で紹介するものも
よく見ますし、鍋島さんのブログと別角度からこの病気の事を色々な方に伝えていってもらえれば嬉しいですよね!

個人的には術後にあんまり悩まないでいい事(多少は痛くて当たり前とか)なんかさり気なく伝わっていけば良いかと感じました。

是非続けていってください。

楽しみ!

マンガ大好きなので、更新が楽しみ♪

姫野さんは健康診断で指摘されてるけど、私も健康診断で心雑音と陰性T波出たけどスルーされたよ~。そこまでひどくなかったからかなぁ?手術の2~3年前とかだけど。
まあ経過観察でって軽く言われたから「年取るとそういうこともあるのかぁ」って感じでw心臓悪いなんて全く思わなかったし。

手術受けた人の数だけドラマがありますよね~。
色々人それぞれだから、皆のドラマも聞きくと楽しい♪
姫野さんのドラマの続きを楽しみにしてます!

No title

画が目に馴染みやすいですね。
楽しみにしています。

No title

画が目に馴染みやすいですね。
続きを楽しみにしています。

No title

鍋島さん keloさん ゆきにゃんさん 晴耕雨読ぶどう園さん

遅ればせながら有難うございます!

皆の意見 参考にさせて貰ってます。

投稿の回数。漫画の方向性。サイトの表示の仕方。

自分だけでは思いつかなかった事も色々。日々KUFU(工夫)を愉しんでます。

鍋島さん!サイトにて紹介して貰ってから 前よりも読んでくれる方が増えましたよ!

わかりやすく。面白く。 心臓病だからといって余り深刻にはならず。で進めて行こうと思ってます。
いずれ 皆の集まりも漫画化してみたいと思っています!

夏はスケジュール 的に会えませんが 再び皆と呑める日を愉しみにしてます!
プロフィール

Author: カムバックハート

カムバックハートブログバナー

カムバックハートこと、鍋島と申します。神奈川県川崎市在住の50歳男性。

2008年12月に40歳で心臓の僧帽弁形成手術を受けて、第二の人生をスタートさせることができました。

南淵先生と私

南淵先生と私(術後の初外来にて)


心臓病仲間の輪に入りたい方、ブログについてのご質問、お問い合わせのメールはお気軽にこちらへ どうぞ。
但し、私は医者やカウンセラーではないので医学的なご質問にはお答えできません。初めて連絡下さる方は簡単なプロフィールをお願い致します。

当ブログ掲載の文章と画像の無断コピー、無断転用を禁止致します。

最新コメント
カテゴリ (新しい記事順)
全ての記事を表示

過去の全記事をリスト表示

COUNTER
ご訪問ありがとうございます。
累計訪問者数:
お知らせ
このブログは、私が心臓弁膜症の僧帽弁閉鎖不全症という病気に診断されたところから、入院、手術、退院、その後の生活という流れで時系列に記載しています。手術を受けた時の描写は2008年12月の状況ですので、その後の医学の進歩で内容的に古くなっている部分があるかもしれません。実際の患者にしか分からない心理的な面の記述をできるだけ表現したつもりです。最初から読まれる場合は、「★はじまり ~こちらからご覧下さい~

(元)心臓病仲間のアンケートを企画・回答集計しました。これから心臓手術を受ける方にはとても参考になるデータだと思います。こちらの記事へ

コルコバード


南淵明宏先生の公式サイトにある「勇患列伝」 その7に出てくる「平松」とは私のことです。

yomiDr.のサイトにある世相にメス 心臓外科医・南淵明宏ブログ にこのブログのことを書いて頂きました。こちらの記事には第三回(元)心臓病仲間の集まりについて書いて頂きました。
心臓病仲間のリンク
ブログ内記事検索
QRコード
QRコード