FC2ブログ

救急車の呼び方

自分が救急車で病院に運ばれたことは過去2回ある。学生時代の交通事故の時と、2年前の服薬ミスによる失神(詳細はこちらの記事参照)の時だ。

自分が他人や家族のために救急車を呼んだことは過去3回。川で溺れていた人の救助の話は以前こちらの記事に書いた。

別の出来事は、2年程前のある朝の通勤時間、会社に向かって都内の住宅街を歩いている時に遭遇した。私の前方20mほどのところで、自分の車に乗り込もうとしたおじさんが突然仰向けに倒れた。最初は足を滑らせて倒れたのかと思ったが、近づいて行っても起き上がる感じがしない。住宅街なので周りには私以外に人が居ない。小雨が降っていたので傘を差しながら声をかける。会話はできるが「起こしてくれ!起こしてくれ!」の繰り返し。体が固まっている感じがして、腕や体を引っ張っても起こしてあげることができない。「今から、救急車を呼びますから・・・」と言って119番にかける。

119番にかけると、「救急車ですか?消防車ですか?」とまず最初に聞かれる。それから、住所だ。自宅の住所ならスラスラと言えるが、町の中で今いる場所の詳しい住所はとっさには分からないものだ。周りにあるお店の名前や、電柱に貼ってる管理番号や近所の家の表札などを利用すると良いらしい。救急車を待つ間に、車で通りかかった若い人が「大丈夫ですか?」と声をかけてくれ、車を降りて寄ってきてくれた。おじさんに対して、「お父さん、もう年なんだから無理しちゃいけないよ」とか、色々話かけてくれている。後から思うとその方は医療関係者だったような気がする。学生らしき自転車に乗った若者や近所のおばさんも寄ってきて、救急車の道案内など協力してくれた。

おじさんは、脳や心臓の問題ではなかった模様。神経筋肉系の不具合で下半身が一時的に動かなくなったような感じであった。救急隊も命の危険はないと直ぐに判断したようだ。

都会では、道端や電車で誰かが突然倒れても、見て見ぬふりをされることがある。(元)心臓病仲間の一人からも、町で倒れた時に周囲の誰からも助けてもらえなかった経験があると聞いたことがある。

そういう状況に遭遇した時、誰か最初の一人が近寄れば、それを見て助けに入ってくれる人が必ずいる。倒れた人がいたら、意識があるか無いかを声をかけて確認すればよい。そして少しでも危険性があると感じたら直ぐに119番にダイヤルすること。そうしている間に周囲の人が必ず協力してくれる。もし自分がそういう状況を見かけた時に、躊躇なく最初の一人になれる心構えを持っておくべだと思った。

<=PREV NEXT=>
関連記事

⇒comment

Secret

No title

表題とはずれますが総務省?がだしてる障害をもっているけどわからないひと、手助けが必要なひとのマークを啓蒙させ周知させたいです。たとえばHELPマーク、障害者席前でマークつけてたっていてもだれもゆずらない常磐線。かなりはなれた小生、障害者がすわられないよう椅子にかばんをおきそのひとにゆずる。障害者が障害者に席をゆずり助けがひつようなことを聞くという現実。だれでももらえるので悪用するやからもでてくると思
う。
見て見ぬふりなやつ、偽善者も多い。救急車よんでくれありがとう。自宅で吐きまくって手足がつめたく救急車よんでとというとご近所迷惑とよばない母親、自分でよびました。入院でした。いまも病院から書き込み中、近々転院します。マークのけんですが、よく見えるように立っていて、一度も席をゆずられたことありません。かつて松葉していてもで

No title

追伸
障害者がすわれないようー健常者にすわられないよう の誤りでした。

No title

ひでほさん、

現在入院中とのこと。ここ最近色々とお忙しい状態だったようなので無理されたのでしょうか。転院予定とのことですが、ご自愛ください。

HELPマークは世間でほぼ認識されていないようですね。私自身も聞いたことがある、
どこかで見たことがあるという程度ですから。

救急車呼ぶのは、ちょっとした勇気が必要かもしれません。自宅であっても外出先で
あっても。毎日救急車を見ている病院の医者自身も、いざ自分が救急車を呼ぶ立場に
なった時には、深夜に周りに迷惑がかかるなぁと感じて、呼ぶのを躊躇したという話を
聞いたことがあります。
プロフィール

Author: カムバックハート

カムバックハートブログバナー

カムバックハートこと、鍋島と申します。神奈川県川崎市在住の50歳男性。

2008年12月に心臓の僧帽弁形成手術を受けて、第二の人生をスタートさせることができました。

南淵先生と私

南淵先生と私(術後の初外来にて)


心臓病仲間の輪に入りたい方、ブログについてのご質問、お問い合わせのメールはお気軽にこちらへ どうぞ。
但し、私は医者やカウンセラーではないので医学的なご質問にはお答えできません。初めて連絡下さる方は簡単なプロフィールをお願い致します。

当ブログ掲載の文章と画像の無断コピー、無断転用を禁止致します。

最新コメント
カテゴリ (新しい記事順)
全ての記事を表示

過去の全記事をリスト表示

COUNTER
ご訪問ありがとうございます。
累計訪問者数:
お知らせ
ブログのSSL化(セキュリティ対策)、カテゴリの編集、過去全記事の一覧表示へのリンク追加を行いました。お気づきの点がございましたらお知らせ頂ければ幸いです。(2018.8.17)

このブログは、私が心臓弁膜症の僧帽弁閉鎖不全症という病気に診断されたところから、入院、手術、退院、その後の生活という流れで時系列に記載しています。手術を受けた時の描写は2008年12月の状況ですので、その後の医学の進歩で内容的に古くなっている部分があるかもしれません。実際の患者にしか分からない心理的な面の記述をできるだけ表現したつもりです。最初から読まれる場合は、「★はじまり ~こちらからご覧下さい~

コルコバード


南淵明宏先生の公式サイトにある「勇患列伝」 その7に出てくる「平松」とは私のことです。

yomiDr.のサイトにある世相にメス 心臓外科医・南淵明宏ブログ にこのブログのことを書いて頂きました。こちらの記事には第三回(元)心臓病仲間の集まりについて書いて頂きました。
心臓病仲間のリンク
ブログ内記事検索
QRコード
QRコード