FC2ブログ

書籍紹介: 『病院で起こった不思議な出来事』 南淵明宏著 マキノ出版

南淵先生の最近の著書が、先日、新横浜ハートクリニックの受付ロビーに置かれてあり、パラパラ見ていたら面白そうだったので購入して読んでみました。

『病院で起こった不思議な出来事』 南淵明宏著 マキノ出版  (←こちらをクリック!)

本のタイトルは著者が決めるのではなく、出版社の編集者がその本が売れそうな題名をつけるのだそうです。この本のタイトルと中身はちょっと違っているかもしれません。あとがきに南淵先生が書かれていますが、病院で起こった怖い怪談集的なエピソード本ではありません。先生曰く、「カチカチにこり固まっていた肩がスーッとゆるみ、ゆったりと自由にものを考えられるような、あるいは、静かに物思いにふけることができるような、雰囲気づくりの一助となる本になればと願いつつ原稿を書いてきました」とのこと。また、「あなたには、お亡くなりになり、もう会えなくなってしまった大切な方がいらっしゃるでしょう。本書が、そうしたかけがけのない人たちを改めてなつかしく、愛おしく思い返す一つのきっかけとなるなら、これにまさる喜びはありません」と書かれています。私がこの本を読んで、亡くなった父、祖父、祖母、叔父のことを思い返すきっかけとなったことは事実です。

さて、内容ですが、なにげに興味を持ったのは、冒頭に書かれている南淵先生のルーティーン(朝起きて、病院に向かいそこで過ごす日常生活の様子)や、幼少期の一家夜逃げのお話、学生時代から医者になるまでの経過や、また多分これまで公開されていなかったであろう、先生が14年間、手塩にかけて育てあげた民間病院の心臓外科(=私が心臓手術を受けた病院のことですね!)を辞めるに至った理由がさりげなく書かれていたりしたことで、そうした内容を読んでいると先生の顔が思い浮かんできました。

「たよりがいのありそうな、意志的な眉と瞳の持ち主です」と書かれている、深津さんと思われる(というか絶対深津さんしかありえない)女性の体験談も興味深いです。

これ以上の本の内容については実際に手に取って読んで頂ければと思います。

関連して、私のこれまでの人生におけるちょっと不思議な体験を記載しておきたいと思います。

虫の知らせ: 
こちらの記事に数年前、自身の服薬ミスが原因で失神した体験を記しました。実は、その数日前から、当ブログのある読者の方からその方自身が子供さんの学校で徐脈から失神したことが数回あるというご相談を頂いていました。その後、私も自分の子供の学校で倒れたことで、のちに冷静になって思い返すと、その頂いたメールは私に対して何らかの予兆や注意喚起を促してくれていたのではと感じずにはいられませんでした。(単なる偶然かもしれませんが)

幽体離脱:
これもどこかに書いたと思いますが、高校生の時、バイクに乗っていて交通事故に出合った際、車と衝突する直前に一瞬自分の魂が体から抜け出して、上方に浮かんで、車の中の運転者と隣の人(女性と男性の顔をはっきり覚えています)を見ていた気がします。これについては、本当に魂が体から抜け出たのかどうかは怪しく、なんとなくそういう気がするという程度なのですが。

亡くなった人が話しかけてくる:
①私は大学生時代に南米ペルーに1年間滞在していたのですが、その海外滞在中に叔父が日本で亡くなりました。当時はメールもなく、国際電話も滅多にかけるようなものではなかったので、叔父の死を知ったのはしばらくして国際郵便で届いた親からの手紙によってでした。ですが、ちょうど叔父が亡くなった日の前後に、地球の裏側にいた私の夢に叔父が現れて話しかけていたのです。それまで叔父の夢なんてみたこともありませんでした。夢は普通記憶から直ぐになくなるのですが、なぜかその夢は印象に残っていました。あとから、叔父が亡くなったことを知った時、あの時の夢は叔父が私に最後の挨拶にやってきてたんだなぁと思いました。

②亡くなった父の墓参りのために、京都の某お寺に一人で行った時のこと。お参りをして、さて帰路につこうとした時、足が重たくなり歩きにくくなりました。誰かに足を掴まれているような感覚でした。親父が、「今日は折角来たのだから、もう少しゆっくりしていけ」と言っているような気がして、しばらくベンチに座って、父が生きていた頃のことを思い返したりしました。そのあとは、普通に家に帰ることができました。

③私の体験ではありませんが、祖父が亡くなった後、祖母が仏壇の扉を開けたまま夜寝ていると、祖父が現れてきて色々しゃべりかけてくるのでうるさくて眠ることができないと言っていたのを覚えています。祖父が祖母にあまりにうるさく話かけてくるので、寝るときは仏壇の扉を閉めるようにしたら、その日以降ピタッと睡眠の邪魔をしなくなったそうです。その祖母も昨年94歳で亡くなりました。今頃、祖父と一緒にあの世でおしゃべりしているのしょうか。

南淵先生の本の最後に、参考文献として書籍がいくつか紹介されています。その中の一つの『人は死なない』 矢作直樹著 バジリコは以前読みましたが興味深い本です。個人的には、その本の中で取り上げられていた、世界の登山家が崖から足を踏み外して落下による死を感じた瞬間に何を思ったかという体験談を集めて書いた別の本(タイトル失念)のことが印象に残っています。

皆さんのちょっと不思議な体験がありましたら、コメント記載頂ければと思います。(術中の幽体離脱と言えば、松本良順さんは既に何度か書いてくれましたね。術中の幽体離脱を経験する人は確かに存在するようです。私は麻酔でぐっすり記憶なしでしたが・・・)

20190824-1.jpg

<=PREV NEXT=>
関連記事

⇒comment

Secret

No title

そういうのが全然なくて弟におばけになって出てきてくれよ、整形で何度も執刀してくれた先生の仏壇でも語っていますがNGです。ただ、車にはねられたとき地面に落ちるまでは長かったです。走馬灯のように記憶がぐるぐると、そしてゆっくりでした。それさえなければ、いままで心臓弁膜症の手術だけしか経験してなかったと思います。意外とへんな病院で受けて死んじゃっていたりして・・・・

No title

私の場合は手術時、失語症になった夢を見ました。おそらくその時、脳血流を止められた時(20分)に見たのだと思います。そして失語症から回復する夢も見ました。その時、脳血流が再開されたのでしょう。
幽体離脱や三途の川は出て来ませんでしたが、不思議な夢でした。

山古志さんからの投稿

(元)心臓病仲間の山古志さんから下記の体験談を頂きました。転載許可を頂きましたので投稿いたします。(カムバックハート)

----------------------------------
実家の母がペースメーカー装着手術の際、一時心停止しました。
その時母の記憶では「きれいな水色の世界が広がりお花畠のようにお花がたくさん
咲いており、あーきれいなところだなぁー」と思ってしばらく見てたら自分の名前を
呼ぶ声が聞こえて「何だろう」と思っていたところ胸が圧迫された感じがして手術室に
いる看護師や医師が顔をのぞきこんでた」と言ってました。

テレビドラマのようですが患者の意識がない時に名前を呼ぶ、というのはやはり意味が
あるのかなと思いました

また実家の父は、亡くなる朝まで意識もありはっきりしていたのですが、亡くなる何日か
前からそこの隅にいる人に「もうすぐ一緒に行くから待っててほしいと伝えてくれ」と言った
そうです。
姉が適当に話を合わせると父は「お前は見えてなくて言ってるだろう」と言うので
「それはどんな風貌の人?」と姉が尋ねると、父の父、すなわち私たちの祖父のようでした。

私には友人が何人か病気で早くに亡くなっていますが、その方々が亡くなった時刻に私は
職場で仕事をしていました。いつもはこんなことは思わないのに「今日はなんて寂しい日
だろう」と感じ何気なく時計を見ました。後で知ったのですが、その時間に亡くなっていました。

同じ事が先月もありました。遠くに住む主人の母が急逝した時間もやはり私が時計を
見ていた時刻でした。

偶然と言えばそうかもしれませんが霊感のない私が、その時刻に時計を見ていたという
のも義母がお別れに来てくれたのではないかと思います。

7月は主人の生家の家業が繁忙になります。長兄の嫁がお仏壇に「今は家業が繁忙だから
お爺ちゃん、お祖母ちゃんを連れて行かないでください」と手を合わせたそうです。
作業がひと段落したので、それを報告したら、その2日後 義母は亡くなりました。

義母は骨折で入院していたのですが亡くなる朝まで食事を摂れていました。
朝、義妹が病院に行くと「食事の支度ができたからお爺さん(義父のこと)を
呼んできて」と言ったそうです。
入院中一度もそのようなことを言ったことはなかったのですが、夫婦は見えない糸で
繋がっているのかな、と思う出来事でした。

鍋島さんはバイク事故にあったそうですが私の友人もバイクに二人乗りしてた時に事故に
あい、飛ばされて宙に飛んだ時自分のこれまでの人生(20代)が逆回転して見えた、と
話していた記憶があります。

ちなみに3月に心臓の手術で入院する前は、亡くなった友人や今は音信不通になった
人が日替わりで1か月間毎日夢にでてきました。
でも身内が一人もいなかったので「手術はうまくいく」と思いました。

術後は一切その夢は見なくなり変わりに?怖い夢ばかり、約1か月毎日見続けました
この2か月間はとても疲れました・・・・

これらの話は信じない人には信じない話だと思います。でも自分が体験すると
確かに「虫の知らせ」というか言葉では説明できないものが、あるように思います。

-----------------------------
以上、山古志さんからの投稿でした。

No title

ご無沙汰しております。
臨死体験野郎です(笑)
なぜか今日この記事を拝見してしまいました。呼ばれた?

暗いトンネルを抜けたところにある居心地のよさげなところに行きたかった、
全身麻酔で寝ていた奴に「死ぬまで生きろ」とは、結構無茶苦茶な体験でした。

どうでもいい話ですが、この夏は故郷の広島県呉市で墓掃除してきました。
じいさんたちに活躍してもらわねばなりませぬゆえ。
「わしゃあ東京から来ちゃったんで。呉をちいたあええがにしちゃれいや」
(私は東京から来てあげた。呉を少しは良くしてあげたらどうか)
と、じいさんたちと話してきました。
霊感あるほうなので、そういう会話は得意?です。ただの基地外かも??

No title

ひとつだけ不思議な事発見しました。整形主治医の先生、解離で亡くなったのですが、亡くなった後FBのメッセージが既読になってました。存在自体、奥様も知りません。不思議です

------------------------------
西警関係の先生方 、林先生にかぞえきれないくらいOPしてもらった植田です。昨日せんせいのところにうかがい線香をあげ
おがませていただきました。永遠に小生の心のなかに先生がいてみまもっていてくれるようにおもいます。奥様にはじめてフェイスブックみていただきました。はじめてみたとおっしゃいました。4月におくった2通のメッセージが既読になっているんです。
27日にうかがうのでお化けになってでてきてくださいとメッセージいれたんです。ふしぎです。

本の感想です

お久しぶりです。気になる本だな〜と思ってたら会社近くの本屋さんで見つけ、とりあえず立ち読みしました。とても興味深い本でした。後日アマゾンで買います。印象的だったのは、南渕先生が帰りに何か気になって、病院に引き返したところ、症状悪化した患者さんを見つけ処置して助かったというお話。(先生は何件もこういう事を経験されてるそうです)虫の知らせ、、とも言えるかもしれませんが個人的には、これは一流の外科医の「ある種のスキル」ではないか?なんて思いました。怪談ではもちろんなくて広い意味で「死」について向き合った素敵な本だと思いました。不満があるとしたら表紙のフォント(書体)くらいでしょうか(笑)↑皆様のコメントも読ませるものばかりですね。
プロフィール

Author: カムバックハート

カムバックハートブログバナー

カムバックハートこと、鍋島と申します。神奈川県川崎市在住の51歳男性。

2008年12月に40歳で心臓の僧帽弁形成手術を受けて、第二の人生をスタートさせることができました。

南淵先生と私

南淵先生と私(術後の初外来にて)


心臓病仲間の輪に入りたい方、ブログについてのご質問、お問い合わせのメールはお気軽にこちらへ どうぞ。
但し、私は医者やカウンセラーではないので医学的なご質問にはお答えできません。初めて連絡下さる方は簡単なプロフィールをお願い致します。

当ブログ掲載の文章と画像の無断コピー、無断転用を禁止致します。

最新コメント
カテゴリ (新しい記事順)
全ての記事を表示

過去の全記事を日付順に一覧表示

COUNTER
ご訪問ありがとうございます。
累計訪問者数:
お知らせ
このブログは、私が心臓弁膜症の僧帽弁閉鎖不全症という病気に診断されたところから、入院、手術、退院、その後の生活という流れで時系列に記載しています。手術を受けた時の描写は2008年12月の状況ですので、その後の医学の進歩で内容的に古くなっている部分があるかもしれません。実際の患者にしか分からない心理的な面の記述をできるだけ表現したつもりです。最初から読まれる場合は、「★はじまり ~こちらからご覧下さい~

(元)心臓病仲間のアンケートを企画・回答集計しました(2018年秋)。これから心臓手術を受ける方にはとても参考になるデータだと思います。アンケート集計結果はこちらの記事へ

コルコバード


南淵明宏先生の公式サイトにある「勇患列伝」 その7に出てくる「平松」とは私のことです。

yomiDr.のサイトにある世相にメス 心臓外科医・南淵明宏ブログ にこのブログのことを書いて頂きました。こちらの記事には第三回(元)心臓病仲間の集まりについて書いて頂きました。
心臓病仲間のリンク
ブログ内記事検索
QRコード
QRコード