FC2ブログ

電話診察、オンライン処方体験談(新横浜ハートクリニック)

コロナウイルスの影響で、首都圏に非常事態宣言が出されました。
私の勤め先の会社も、しばらく休業です。普段はセキュリティの関係で絶対持ち出し不可の会社のパソコンを許可を得て家に持って帰ってきました。デスクトップパソコン(しかもWi-Fi非搭載)を使用しているのでディスプレイと合わせて運ぶのは大変でした。ゴールデンウィーク明けまでは、必要に応じて、在宅で仕事となります。体力の維持とストレスをためないようにするための日々の活動をどう行うか計画中です。

このような状況なので、次の外来診察はしばらく先に予約を延期しようかと思っていました。体調は変わらず好調で、手元にある心臓の薬も過去の外来のタイミングのズレからある程度の日数分の余裕があるので、直ぐに薬が切れて困るという訳でもないので。

でも、早めに次の薬の手配だけしておけば安心かなと思い、今朝、新横浜ハートクリニックに勤めているなじみの看護師さんに相談。すると、先生と電話診察をすれば、処方箋を最寄りの薬局にファクスで送ってもらえるとのこと。自宅待機中で時間を持て余している状態なので、「いつでも電話診察オーケーです」と返事したところ、早速スマホに電話がかかってきて、今日外来をされている中川先生との電話診察が実現。1分ほどお話して、次回3か月後の予約を取ってもらって、電話診察は終わりました。10分後には、今度は、最寄りの薬局から電話がかかってきて、クリニックからの処方箋が届いたとのこと。いつでも薬を取りに来て頂いて構いませんよとのことで、とても迅速、気持ちのよいスピーディーな対応をして頂き感激しました。(あらかじめ、最寄りの薬局の住所、電話番号、ファクス番号を手元に用意しておいた方がよいです。処方箋の原本はクリニックから郵送で薬局に送ってもらえます。実費負担要。診察代は次回の外来で精算。)

術後の定期検査・診察を受けられている方は、今のタイミングにおいては、あえて病院に行く絶対的な理由がないのであれば、上記に書いたような方法で、済ませるのが無難だと思います。(南淵先生とスタッフの皆さんにお会いしてお話できないのが唯一残念ですが。)

追記: 
上記に書いているのは、コロナウイルス感染者を想定したオンライン診察ではありません。念のため勘違いなきよう。
また、原則、初診の場合は、電話診察やオンライン処方は対応不可だと思います。定期的にフォローされている方で緊急に検査、診察が必要ない方の場合は上記のような対応が可能だと思います。

<=PREV NEXT=>
関連記事

⇒comment

Secret

ご無沙汰しております

鍋島さん、お久しぶりですー!
群馬のロビンです(๑˃̵ᴗ˂̵)

手術からもう今年で10年になりますが、すこぶる元気に日々過ごせております。

件のコロナで生活全てが散々ですよねー~_~;
私も年イチの外来が2月にあって、年先の予約は取れないので日にちが近くなれば、主治医のドクターに電話確認してから予定を立てるのですが体調も良いしつい先々に伸ばしてて、暖かくなってきたし、いよいよ電話するかー!と思いきや、病院側でコロナ患者さんからプチクラスターが発生し休院になってしまいました(°°;)

投薬はもう無いので、その辺は大丈夫ですが緊急事態宣言発令組はホントに困りますよね・・・(´+ω+`)

covit-19、心肺疾患持ちは重症化しやすいとこ事ですが、我々ってやはり、該当するのでしょうね(-∀-`; )

近い将来オンライン外来になれば助かるとは思ってましたが。とにかく早く終息を願いますね・・・

コロナに負けない、負けるな❗

ロビンちゃんのコメントを見て、懐かしくなりました🎵
あれから10年なんですね☺️元気で何より😊💖

私ごとですが、色々な流れがあり、先日ペースメーカ埋め込み手術をしました。無事生還しています💪
恩医師、看護士さん、スタッフが居る病院に転院しての手術でしたので、安心して身を任せ、良い手術をして頂けて感謝しかありません。
局部麻酔でしたので、私も頑張りました🤣
そんなかんやのペースメーカ埋め込み体験のつぶやきを考えています。
過酷な状況の中で職務を全うする方々に感謝と労いの気持ちを忘れずに、自粛すること、大切な相手だから、会わずに我慢ですね。
再会を凄く楽しみにしています🎵

お久しぶりです

ロビンさん、お久しぶりですね。

ロビンさんも10年経過組になりましたね。お元気そうで何よりです。
コロナについては世界中が影響を受けていますね。
早く収まって欲しいと切に願う次第です。
我々は心疾患経験組なので、やはり十分すぎる用心をしておくべきだと思います。

またみんなと元気に集まってワイワイ会話できるのを楽しみにしています。


アリスさん、

先日のペースメーカー埋め込みの実況連絡ありがとうございます。
アリスさんらしい医療スタッフのやり取りの様子も目に浮かんできました。
医療技術とそれを実現してくれる病院スタッフの皆さんに感謝ですね。

早くみんなと直接会って、おしゃべりしたり、お酒飲んだりと、以前のように
楽しみたいところです。

カムバックハート

オンライン診察参考になりました。

鍋島さん、こんにちは。たつおです。
新横浜ハートクリニックは早速オンライン診察してくださるのですね。5月に術後2回目の診察があるので、どうしようか悩んでいるところでした。鍋島さんこ投稿で様子がわかり助かります。
さすがに術後間もないため、診察だけでなく、検査を行っておきたいので、病院に行こうと考えてますが、感染者数の増加をみながら対応を決めたいと思います。
鍋島さんはじめ皆さんの応援のおかげで、毎日健やかに暮らしています。術後の痛みもなく体はすでに術前の状態に戻ってきてます。短い距離のランニングを初めましたよ。
コロナウイルスが早く収まり、皆様と再会できることを楽しみにしてます。それまでお互いに体調管理に気をつけて過ごしていきましょう。

用心大事

たつおさん、

順調な回復状況のようですね。ランニングもはじめましたか。

でも、まだまだ術後まもない期間ですから、用心すぎるくらい用心はしてください。
確かに、術後2回目だと、診察だけではなくて、心臓の検査は受けておきたいところだと
思います。ワーファリンのチェックもありますからね。

タイミングを判断して、移動方法などもよく検討して対応してくださいね。

オンライン診療

黒鉄です。

オンライン診療いいですね!

先週、ライブ診療に行きました。
   幸い心臓の調子が良い為、最近は心電図も測らないし
   問診して薬を頂くだけ
これならば、オンライン診療でもいいかも。医師にも患者にも負担が少ない。

むしろ、ライブ診療の場合、
Covid19対策で、病院玄関で体温を測ったりしているので
そこでコロナ感染する方が心配です。
持病を持つ患者の死亡率は数十%高いという調査結果もありますので、優れた方法だと思う。

あれだけの、心臓手術と入退院を経て、心臓以外の病気で死ぬのでは遣り切れない。

薬の処方箋を、最寄りの薬局にe-mailして頂いて
薬をデリバリして頂ければ最高ですね。

(薬事法的に無理か? いや、緊急事態制限下では有効な手段)

スーパーマーケットの「蜜」と違って
薬局と病院では体力の落ちた患者、コロナの可能性のある人の「蜜」ですから
そここそを分散すべきでしょう。


台湾のオードリー・タンならば、このシステムを直ぐに許可してくれそうです。
日本では無理か?

 早く、実益の有る方法を国会で議論してほしいです。

考心会も・・・

黒鉄さん、こんにちは。

今回は、電話での診察の後、処方箋は最寄りの薬局にクリニックから直接ファックスで
送信してくれました。処方箋の原本も郵送で送ってもらいました。(このやり方は特に今回の
緊急事態だからという訳ではなく、通常でも法律的に可能なやり方だと思います。)

なので、ファックスの代わりにe-mailに添付して送ってもらうことも現実的には可能だと思います。
薬局のe-mailは直接聞かないと分からないし、自分で処方箋を送る訳ではないから、
ファックスで送って受け付けてもらえるなら、まあ今回は不便なくそれでありがたいと思いました。

確かに心臓手術を乗り越えてきた我々としては、心臓以外の病気で倒れたりしたら、
納得のいかない気持ちになるかもしれませんね。

考心会も中止になりました。この状況下で、開催できるはずがありませんが。
オンライン講演をやってもらいたいですね!(無理か・・・)

fax処方箋と医療ネットワーク、そしてオンライン講演

黒鉄です。

fax処方箋と医療ネットワーク、そしてオンライン講演。


そうなんですか。既にfax処方箋は許されて居るんですね。

薬事法的に許可されている、技術的には何の問題もない。


PCから(文書を紙に印刷せずに)faxに飛ばす方法もありますから。
要するに遠隔プリンターですね。
受け手だけが紙=昔からあります=そして既に廃れた。

ネット上での情報共有の方が便利で、双方ペーパーレスにすべき。
一般企業のデジタル化は、凄いスピードで進みましたが
医学界のデジタル化は遅れてる、思います。

例えば、わたしの通っている病院の場合
   一昨年まで、心電図を紙に印刷して診察室まで運ぶのをやってました。
   去年から、 心電測定結果を(紙に印刷せず)診察室PCで見られる。
双方が病院内クラウドにアクセスすれば良い。
(やっとこさ十年以上前の技術だよ、実現が遅い)

これを処方箋に関して、
病院と薬局のネットワークに拡張するだけです。

処方箋より詳しい情報が共有されます。
現在の複数病院の服薬情報が「お薬手帳」で紙管理されているが、
将来は一括してクラウドで管理されている方が患者にとって安全です。
(一般薬購入履歴で、薬の副作用を防ぐとか)
(マスク購入履歴で不当買い占めを防ぐとか→PS)

なぜ、厚生労働省は指導しないのかな?。

ー ー ー ー ー ー ー ー ー
PS マスクと云えば、
  南渕先生ブログでアベノマスクに意見を述べてます。
  厚生労働省と首相に読んで欲しいですね。

  それこそ、オンライン講演の実現を望みます。
  
  


薬手帳も・・・

黒鉄さん

今回薬の処方箋をファックスで送ってもらった先の薬局ですが、近所のローカルな
薬局なのですが、電子版の薬手帳の案内をしてくれました。
病院でもらった処方箋を、スマホで写真撮って薬局に送れば、薬の手配をしてくれて
在庫がそろった時点でピックアップしにいけばよいそうです。(ピックアップの際に処方箋
の原本を提出)
処方薬をもらうのって、どうしても待ち時間が発生しますから(早くて10分くらい、都心の
混んでいるところだと1時間以上待たせられる)ので、こういう仕組みはありがたいです。

あと、薬手帳も、電子情報で管理できると言っていました。
ただ、これは救急時に、スマホ画面の薬手帳を提示するのが困難な時もあると思うので
今のままの紙の手帳との併用で良いと個人的には思います。

岡江久美子さん

岡江久美子さんが、コロナウイルスによる肺炎で亡くなられたと報じられています。

今朝のフジテレビのTV番組に、南淵先生が岡江久美子さんの主治医として生出演されて
いました。(Jさん、情報ありがとうございました!)

先生のヘアスタイルがなんだか変(?)でしたが、とにかくコロナにはかかるな!とのこと。
治せる心臓も、コロナのせいで治せない状況になるかもしれないことを危惧されていました。

数年前、東京ハートセンターの外来ロビーで岡江久美子さんを見かけました。実は私は気付か
なかったのですが、その時周りにいた仲間がそう言っていました。同じ主治医の患者仲間が
亡くなられたことは残念です。心疾患経験者は、本当に十分な注意が必要だと思います。

早く、このコロナの状況、なんとかか終息して欲しいです。

ご無沙汰してます!

鍋島さん、皆さん
お久しぶりです。keloです。

コロナ怖いですね。磯村先生の定期診察も7月にありますが収まってなければ自主的に伸ばしちゃおうかとも思います。
自分の場合10年くらい前に心臓手術したんですが、手術前に風邪を引かないように携帯用のうがい薬を持ち歩き、トイレに行くたびにうがいや手洗いをしてたことを思い出します。その時は周りがみんな風邪引いてたにも関わらず風邪の予防に成功したので「やることをやっていれば風邪ひかないもんだ」と思ったりしたんですが、今回のコロナの場合はどれだけ用心したらいいんだろうって正直思いますね。

ただそうは言っても「やれること(手洗い・うがい等)を丁寧に根気よくやり続けてせっかく治してもらった心臓・生命を責任持って守りたいと気を引き締めております。

鍋島さんやみなさんも、十分気をつけてお過ごしください。またいつか皆さんで集まれる日まで頑張りましょう。

リモート診察

ご無沙汰しています。

私も5/14定期検診(血液検査、CTスキャン)を受けた時、主治医から「3カ月後の次回は電話によるリモート診察にして、処方箋を発行します」、と言われました。
処方箋もこちらが指定する薬局へ送ってくれるようです。
支払いのことは確認しませんでしたが、貴記事にあるようにその次(11月心エコー時)精算ということになるのでしょう。その辺鷹揚な気がしますが、便利で有難いですね。

また(元)心臓病仲間の皆さんとお会いするのを楽しみにしています。
プロフィール

Author: カムバックハート

カムバックハートブログバナー

カムバックハートこと、鍋島と申します。神奈川県川崎市在住の51歳男性。

2008年12月に40歳で心臓の僧帽弁形成手術を受けて、第二の人生をスタートさせることができました。

南淵先生と私

南淵先生と私(術後の初外来にて)


心臓病仲間の輪に入りたい方、ブログについてのご質問、お問い合わせのメールはお気軽にこちらへ どうぞ。
但し、私は医者やカウンセラーではないので医学的なご質問にはお答えできません。初めて連絡下さる方は簡単なプロフィールをお願い致します。

当ブログ掲載の文章と画像の無断コピー、無断転用を禁止致します。

最新コメント
カテゴリ (新しい記事順)
全ての記事を表示

過去の全記事を日付順に一覧表示

COUNTER
ご訪問ありがとうございます。
累計訪問者数:
お知らせ
このブログは、私が心臓弁膜症の僧帽弁閉鎖不全症という病気に診断されたところから、入院、手術、退院、その後の生活という流れで時系列に記載しています。手術を受けた時の描写は2008年12月の状況ですので、その後の医学の進歩で内容的に古くなっている部分があるかもしれません。実際の患者にしか分からない心理的な面の記述をできるだけ表現したつもりです。最初から読まれる場合は、「★はじまり ~こちらからご覧下さい~

(元)心臓病仲間のアンケートを企画・回答集計しました(2018年秋)。これから心臓手術を受ける方にはとても参考になるデータだと思います。アンケート集計結果はこちらの記事へ

コルコバード


南淵明宏先生の公式サイトにある「勇患列伝」 その7に出てくる「平松」とは私のことです。

yomiDr.のサイトにある世相にメス 心臓外科医・南淵明宏ブログ にこのブログのことを書いて頂きました。こちらの記事には第三回(元)心臓病仲間の集まりについて書いて頂きました。
心臓病仲間のリンク
ブログ内記事検索
QRコード
QRコード