fc2ブログ

新型コロナワクチン 第二回目接種

新型コロナワクチン(モデルナ製)の2回目の接種が終わりました。

職域接種により、1回目は6/25に接種。2回目はその4週間後に予定されていたのですが、なんと私が保健所の指示で濃厚接触者となってしまい予定日に接種会場に行くことができなくなってしまいました。幸い、PCR検査の結果は陰性だったので問題はなかったのでよかったのですが。

よって、2回目の接種日を8/12に変更。中6週間以上空いたので効果に影響ないのか少し心配したのですが、申請書を提出した際に聞いてみたところ、1回目と2回目の間が4週間以上空いていることが大事で、それ以上空いていても問題ないとのことでした。

さて、先に2回目を接種した周りの経験者の感想を聞くと、寒気、発熱、倦怠感、頭痛等で、1回目に比べて体の反応の程度は酷いようです。私も、接種から24時間経った頃をピークに、発熱と強い倦怠感、体の節々の痛みがありました。熱は37.5度くらいまでだったので耐えることができるギリギリまで耐えたあとに、解熱剤を飲みました。12年前の心臓手術後、発熱することはほとんどなくなり、今回のような発熱は2009年以来だったので、久しぶりに発熱による辛さを思い出し、結局丸一日寝てました。接種当日は問題なくても、大概の人は翌日に仕事するのは厳しいと思います。あらかじめ充分に計画して接種の日程を組まれると良いと思います。

接種から3日目の今日は、9割9分回復しました。私としては、他の方々と比べて、心臓手術を経験した云々が故に留意すべき事柄は特にありませんでした。

ワクチンを打ったら感染しないという絶対的な安全を保障される訳ではないようですが、早くこのコロナウイルスによる様々な制約や負担が世の中からなくなってくれることを望みます。

<=PREV NEXT=>
関連記事

⇒comment

Secret

No title

自分も9月16日に二回目を接種しました。 一回目は筋肉痛 二回目も筋肉痛だけで 熱の症状もなし。しかし「ズキン」となるような頭痛が時々。職場の人達も症状が様々で 心臓仲間の皆さんの症状も気になりますね!


プロフィール

Author: カムバックハート

カムバックハートブログバナー

カムバックハートこと、鍋島と申します。神奈川県川崎市在住の53歳男性。

2008年12月に40歳で心臓の僧帽弁形成手術を受けて、第二の人生をスタートさせることができました。

南淵先生と私

南淵先生と私(術後の初外来にて)


心臓病仲間の輪に入りたい方、ブログについてのご質問、お問い合わせのメールはお気軽にこちらへ どうぞ。
但し、私は医者やカウンセラーではないので医学的なご質問にはお答えできません。初めて連絡下さる方は簡単なプロフィールをお願い致します。

当ブログ掲載の文章と画像の無断コピー、無断転用を禁止致します。

最新コメント
カテゴリ (新しい記事順)
全ての記事を表示

過去の全記事を日付順に一覧表示

COUNTER
ご訪問ありがとうございます。
累計訪問者数:
お知らせ
このブログは、私が心臓弁膜症の僧帽弁閉鎖不全症という病気に診断されたところから、入院、手術、退院、その後の生活という流れで時系列に記載しています。手術を受けた時の描写は2008年12月の状況ですので、その後の医学の進歩で内容的に古くなっている部分があるかもしれません。実際の患者にしか分からない心理的な面の記述をできるだけ表現したつもりです。最初から読まれる場合は、「★はじまり ~こちらからご覧下さい~

(元)心臓病仲間のアンケートを企画・回答集計しました(2018年秋)。これから心臓手術を受ける方にはとても参考になるデータだと思います。アンケート集計結果はこちらの記事へ

コルコバード


南淵明宏先生の公式サイトにある「勇患列伝」 その7に出てくる「平松」とは私のことです。

yomiDr.のサイトにある世相にメス 心臓外科医・南淵明宏ブログ にこのブログのことを書いて頂きました。こちらの記事には第三回(元)心臓病仲間の集まりについて書いて頂きました。
心臓病仲間のリンク
ブログ内記事検索
QRコード
QRコード