fc2ブログ

術後五十八回目の外来(新横浜ハートクリニック)

毎度の定期外来検査と診察を受けてきました@新横浜ハートクリニック。

午前9時にクリニックに到着。受付は2番目。早速、酸素飽和度、血圧、心エコー、胸部レントゲン、心電図、採血を終えて、今日の南淵先生の診察第1号患者でした。体調面では心臓には問題ありませんが、最近、胃酸の逆流現象があるようなのでその旨お伝えして、服用薬をタケプロンカプセルから、効果が良くでると言われているタケキャブに変更してもらいました。実は前回の外来で、バイアスピリンとタケプロンカプセルを一つにした新薬のキャブピリンに変更してもらっていたのですが、タケプロンカプセルの残りが沢山あったためキャブピリンはまだ飲まずにいました。薬局の方によるとキャブピリンとタケキャブは同じ配合らしいので、タケキャブ+バイアスピリンの場合と、キャブピリンの場合では、効果は同じなのかもしれません。であれば、早めキャブピリンを飲み始めていれば、胃酸の逆流ももう少し抑えられていたかもしれないと、今になって思っています。 タケなんちゃらとかごちゃごちゃして分からんという方は読み流してくださいね(笑)

一点、考察。
長年の見慣れた薬は副作用等の面で安心感があります。その一方、あるタイミングから急に飲み慣れた薬の効果が薄れることがあるのではないか、体に耐性ができて効かなくなるとか、体調自体が変化して薬が効きにくくなってくることがあるのではないか、と最近感じています。2年程前、薬でうまくコントロールできていた血圧が、急に上昇しはじめ明らかな自覚症状を感じたことがありました。その時は、南淵先生に相談して、別タイプの降圧剤ミカルディス錠を処方してもらったら一発で再び適正値に戻すことができました。今回の胃酸の逆流も、従来のバイアスピリンとタケプロンカプセルの組み合わせで問題がなかったのが、徐々にタケプロンが効かなくなっていたのかもしれません。そういう時に、沢山の種類の薬の中から、症状に見合った薬を、その成分や効果を詳しく知っている医者の指示で処方してもらうことには大きな価値があると思います。

処方薬は、クリニックと同じビルの下にある薬局に処方箋をファクスで送信してもらいます。会計が済んで薬局に到着すると、すでに薬の用意ができている状況です。ここの薬剤師さんは薬の説明や価格についてもとても丁寧に説明して下さるので安心できます。

前回の記事で書いたSさんやKさんのこと、南淵先生が3か月毎に外来をもたれている会津若松のことなどを少しお話して、今回の外来もスムーズに終えることができました。
(元)患者仲間の皆さんと会って会話できればもっと楽しいのですがね。

次回外来は、7月17日(日)です。

<=PREV
関連記事

⇒comment

Secret

プロフィール

Author: カムバックハート

カムバックハートブログバナー

カムバックハートこと、鍋島と申します。神奈川県川崎市在住の53歳男性。

2008年12月に40歳で心臓の僧帽弁形成手術を受けて、第二の人生をスタートさせることができました。

南淵先生と私

南淵先生と私(術後の初外来にて)


心臓病仲間の輪に入りたい方、ブログについてのご質問、お問い合わせのメールはお気軽にこちらへ どうぞ。
但し、私は医者やカウンセラーではないので医学的なご質問にはお答えできません。初めて連絡下さる方は簡単なプロフィールをお願い致します。

当ブログ掲載の文章と画像の無断コピー、無断転用を禁止致します。

最新コメント
カテゴリ (新しい記事順)
全ての記事を表示

過去の全記事を日付順に一覧表示

COUNTER
ご訪問ありがとうございます。
累計訪問者数:
お知らせ
このブログは、私が心臓弁膜症の僧帽弁閉鎖不全症という病気に診断されたところから、入院、手術、退院、その後の生活という流れで時系列に記載しています。手術を受けた時の描写は2008年12月の状況ですので、その後の医学の進歩で内容的に古くなっている部分があるかもしれません。実際の患者にしか分からない心理的な面の記述をできるだけ表現したつもりです。最初から読まれる場合は、「★はじまり ~こちらからご覧下さい~

(元)心臓病仲間のアンケートを企画・回答集計しました(2018年秋)。これから心臓手術を受ける方にはとても参考になるデータだと思います。アンケート集計結果はこちらの記事へ

コルコバード


南淵明宏先生の公式サイトにある「勇患列伝」 その7に出てくる「平松」とは私のことです。

yomiDr.のサイトにある世相にメス 心臓外科医・南淵明宏ブログ にこのブログのことを書いて頂きました。こちらの記事には第三回(元)心臓病仲間の集まりについて書いて頂きました。
心臓病仲間のリンク
ブログ内記事検索
QRコード
QRコード