fc2ブログ

術後十五回目の誕生日

今日で、僧帽弁閉鎖不全症弁形成術を受けてから丸15年になりました。
15年の間、心臓については全く問題がありません。普段通りの生活、適度な運動、食事やお酒も制限なく楽しむことができています。

定期的な検査と専門医の診察を受けている安心感は大きいです。継続的に服薬はしていますが、時の体調の変化に応じて処方をアレンジしてもらっており、薬で補完せざるを得ない部分については最適な対応を受けることができていると感じています。この15年の間に、心臓以外の他の外科手術を2回(鼠径ヘルニアと虫垂炎)受けましたが、普段完璧に心臓を定期メンテナンスしているが故に、それらの手術による治療にも専念することができたと思います。

昨日のこと、会社の釣り部の仲間が釣った50cmの鯛を、魚持ち込み可のお店に持ち込んで調理してもらい、仲間4人で刺身、てんぷら、鯛飯を堪能しました。内心、鯛で、術後15周年をお祝いしてもらったことにしました。

今年は、4年振りに(元)心臓病仲間の集まりを開催できました。沢山の仲間に集まって頂けて、集まりのニーズは引き続き高くあると認識できました。来年もまた開催したいと思います。



 今年もこの時期はりんご

<=PREV
関連記事

⇒comment

Secret

おめでとうございます

遅くなりましたが、15回目のお誕生日。おめでとうございます! 昨年は、心臓病仲間の集まりを開催していただき、ありがとうございました。 きっとまた誰かがここを見て、治療を受けるきっかけになればいいですね。 今年も必ず参加したいと思います。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

Author: カムバックハート

カムバックハートブログバナー

カムバックハートこと、鍋島と申します。神奈川県川崎市在住の55歳男性。

2008年12月に40歳で心臓の僧帽弁形成手術を受けて、第二の人生をスタートさせることができました。

南淵先生と私

南淵先生と私(術後の初外来にて)


心臓病仲間の輪に入りたい方、ブログについてのご質問、お問い合わせのメールはお気軽にこちらへ どうぞ。
但し、私は医者やカウンセラーではないので医学的なご質問にはお答えできません。初めて連絡下さる方は簡単なプロフィールをお願い致します。

当ブログ掲載の文章と画像の無断コピー、無断転用を禁止致します。

最新コメント
カテゴリ (新しい記事順)
全ての記事を表示

過去の全記事を日付順に一覧表示

COUNTER
ご訪問ありがとうございます。
累計訪問者数:
お知らせ
このブログは、私が心臓弁膜症の僧帽弁閉鎖不全症という病気に診断されたところから、入院、手術、退院、その後の生活という流れで時系列に記載しています。手術を受けた時の描写は2008年12月の状況ですので、その後の医学の進歩で内容的に古くなっている部分があるかもしれません。実際の患者にしか分からない心理的な面の記述をできるだけ表現したつもりです。最初から読まれる場合は、「★はじまり ~こちらからご覧下さい~

(元)心臓病仲間のアンケートを企画・回答集計しました(2018年秋)。これから心臓手術を受ける方にはとても参考になるデータだと思います。アンケート集計結果はこちらの記事へ

コルコバード


南淵明宏先生の公式サイトにある「勇患列伝」 その7に出てくる「平松」とは私のことです。

yomiDr.のサイトにある世相にメス 心臓外科医・南淵明宏ブログ にこのブログのことを書いて頂きました。こちらの記事には第三回(元)心臓病仲間の集まりについて書いて頂きました。
心臓病仲間のリンク
ブログ内記事検索
QRコード
QRコード